SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス(PR)

事例第1号!約1ヵ月で「理想のお店」を構築した新バージョン「EC-CUBE 4」とは

Facebook連携プラグインでInstagramのショッピングも実現

――とくにブランドの場合は、Instagramを中心にSNSの活用が不可欠です。4系ではいかがですか?

梶原(EC-CUBE) Facebookさんと直接やりとりさせていただいて、「Facebook連携プラグイン」を提供しています。EC-CUBEに掲載した商品を簡単にSNSに投稿できるのはもちろん、Instagramショッピング機能や、ECサイトへの訪問履歴を活用してFacebookダイナミック広告を出稿することもこのプラグインで可能です。今後も、Instagramの機能拡充を中心に、Facebookさんと一緒にプラグインを作っていく考えです。

村吉(サンデイシステムズ) SNS連携はかなり力を入れている印象です。4系のリリースと同時に、4系に対応したFacebook連携プラグインもリリースされているので、EC-CUBEの商品情報をそのままFacebookのカタログに連携して、Instagramショッピング機能に使えるんですよ。

伊藤(MONOKROM) それいいですよね。Instagramの設定が結構手間なんですよね。

平林(MONOKROM) 世界観を大事にされているブランドさんは、Instagramを重視されているので、その連携がサクッと行えるのは、皆さん喜ばれると思います。

梶原(EC-CUBE) ダイナミック広告については、商品を購入したユーザーにはその商品のリターゲティング広告は表示しないといったことまで行っています。ブランドを大切にしながらのマーケティング施策にも、お役に立てると思います。

――とはいえ新しいバージョンですから完璧とはいかないと思います。改善要望などがあれば教えてください。

伊藤(MONOKROM) 長期休暇などを含んだ場合の、配送日の指定が難しいですね。開発や運用でなんとかなると思うのですが、もっと簡単にできるとありがたいです。

村吉(サンデイシステムズ) デフォルトでパンくずが入っていないのがSEO視点では少し気になります。また、現時点では検証が済んでいないレンタルサーバーもあるので、随時対応を進めていただきたいですね。

梶原(EC-CUBE) 今いただいたご要望は、運用やプラグインなどで対応できる部分もありますね。ただ、そのやりかたがわからずお困りの方も多いと思いますので、情報提供も含めて環境の充実を行っていきたいと思います。サーバー関連については順次検証を進めていますし、さらに将来的にはEC-CUBEが簡単に使えるクラウド型サービスの提供みたいなことも是非やっていきたいと考えています。

今回の4系第1号の案件となるYOSEIDO様のサイト構築については、プロフェッショナルな皆様の連携で実現できた、非常にすばらしい事例だと思います。EC-CUBEではこういったネットワークを揃えていますので、スピードが求められる案件に限らず、頼っていただければと思います。

村吉(サンデイシステムズ) 複数のモールに出店されていて、本店サイトも持ちたいという場合、裏側の連携が必要になってきます。その際、4系で本店サイトを構築・リプレースしていただくと、売上を上げるための施策の実現や、運用コストの削減も実現しやすい環境になっていますので、モール中心でやってこられた店舗さんにもオススメです。

梶原(EC-CUBE) モールをやられている店舗さんが、自社サイトにお求めになるのは独自の世界観なんですよね。「理想のお店」を持ちたいというお問い合わせをいただきます。それが実現できるのがEC-CUBEであり、今回リリースした4系はその最適解だと自負しています。(了)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/6181 2018/11/28 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング