記事種別

もっと成果を上げるために EC事業者のための「運用型広告」実践Tips

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/11/12 11:00

 集客・販促のためにリスティング広告やリターゲティング広告を活用しているものの、「なかなか成果が上がらない」「管理が煩雑で手がまわらない」といった声も少なくない。アナグラム マネージャーの小山純弥氏は、運用型広告の機会損失を防ぎ、成果を伸ばすためのノウハウを、21のチェックリストに集約。「ECzine Day 2018 KANSAI」で同氏が解説した全21項目の中から、いくつかを抜粋して紹介する。

よくあるミスや機会損失、改善すべきポイントをチェックリスト化

 検索連動型広告やディスプレイ広告、SNS広告といった検索連動型広告専門のコンサルティングを手掛けるアナグラム。同社マネージャーの小山氏は、これまで200社以上の運用型広告(Google広告など)のアカウントを分析してきたが、十分なパフォーマンスを発揮できていないケースも多かったという。

「リスティング広告をはじめとする運用型広告は、運用の担当者によってパフォーマンスが激しく上下します。そこで、よくあるミスや機会損失、特に気をつけていただきたいポイントなどをチェックリストとしてまとめました」

アナグラム株式会社 マネージャー 小山純弥氏
アナグラム株式会社 マネージャー 小山純弥氏

検索連動型広告で押さえておきたい基本的な対策

サービス名・サイト名で検索したときに広告が出ているか?

 まず、自社のサービス名やサイト名でリスティング広告を出すことについて、小山氏は「やらないとどうなるのか?」を指摘する。

「広告枠を競合に取られて自社より上に表示されると、せっかく自社のサービス名やサイト名で検索してきた方が競合サイトへ行ってしまうリスクが高まります。賛否両論ありますが、基本的にはサービス名・サイト名で広告を出すことをお勧めします」

広告表示オプションが適切に設定されているか?

 「広告表示オプション」は、通常の広告文の下に追加情報を載せる機能だ。サイトリンク(サイト内の別のページへのリンク)、価格表示、アプリリンク(ダウンロード)、電話番号(スマートフォンでは通話ボタンも表示)など、さまざまな種類がある。

 広告表示オプションを設定しないと広告文で伝えられる内容が少なく、表示されたときの物理的な面積がどうしても狭くなる。さらに小山氏によれば、広告表示オプションの設定なしでは広告自体の表示頻度も落ちてしまう(GoogleやYahoo!の広告表示判断の加点要素になっている)ため、必ず設定するべきだという。

広告表示オプション「サイトリンク」の例
広告表示オプション「サイトリンク」の例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:ECzine Day 2018 KANSAI レポート

2016年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5