記事種別

BUYからSHOPPINGへ いまECをインターフェースから見直すべき理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 リテールテックという新たな領域で様々なサービスを開発・提供しているエスキュービズムの薮崎さんによるコラムをお届けします。テーマは「リテールイノベーション」。今回はインターフェースに焦点をあて、これからの新しいECのカタチを探っていきます。  

サイトのレイアウトはここ20年ずっと変わっていない

 突然ですが、読者の皆さんはECサイトと言えば、どのようなデザインを思い浮かべますか?

 トップページに大きな新着商品の告知バナーがあって、左にカテゴリーやおすすめ、検索ボックスなどがあり、ページの下部にレコメンドされた商品が表示されている。こんな作りをイメージしたとしたら、一度その固定概念を取り払ってECについて考えてみるのもいいかもしれません。

一般的にイメージされているECサイトのデザイン例
一般的にイメージされているECサイトのデザイン例

 なぜならそのECサイトのインターフェースは、今の楽天やAmazonなどのモール型のECサイトが築いてきたものだからです。ジャストシステムのEコマース&アプリコマース月次定点調査(2018年5月度)によると、「5月はEC利用者の約半数が3大サイトのみで購入」しているという結果が得られたといいます。その3大サイトとはもちろん、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングです。

 一企業が品揃えでは勝てない巨大プラットフォーマーたちと同じ土俵で戦っていては、分が悪いのは目に見えています。「自社ECは集客が難しいよね」、「ECはそこそこの売上にしかならない」と感じている企業も多いのではないでしょうか。

 ですがだからこそ、生活者がAmazonや楽天ではなく、あえてそのECサイトに来る理由を作らなければなりません。モール型ECサイトではなく、自社ECサイトに生活者が求めているのは、そのブランド、そのサイトでしかできない特別な体験なのです。会員特典や値引きなどの施策だけでなく、そうした体験を設計することが、あえて自社のECサイトを訪れてもらう理由に繋がるのではないでしょうか。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

2018年03月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5