記事種別

[韓国越境EC成功物語]13年で培った自社ECノウハウで、若い女性の心を掴んだ「ルアンドジェイ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/02/20 11:00

 韓国は、全国にわたる高速インターネット網の構築や高いスマホの普及率などで小売産業のEC化が進んでいて、事業者によるEC起業が非常に活発な状況です。最近では、地理的、文化的に近い日本市場に向けて「越境EC」に取り組む事業者が増え、若年層の注目を集めるケースも増えつつあります。本コラムでは、韓国のグローバルECプラットフォーム「cafe24」を通じて開業したユニークな韓国の越境ECショップを紹介したいと思います。

13年で培った自社ECノウハウで、若い女性の心を掴んだ「ルアンドジェイ」

 「ルアンドジェイ」は、韓国国内にECショップがまだ少なかった2005年から、自社ECサイトでレディースアパレルの販売を手がけています。

 ルアンドジェイを率いるヨム・チェジョンCEOは、EC業界の活性化により、国内外で成長するアパレルECが増えることに注目し、ECサイトの展開を決めたと言います。市場に本格参入した同社は、国内で「感覚的なデイリールック通販」というブランドイメージの確立に成功し、平均年商100億ウォン(約10億円)の人気ショップへと成長しました。

 こうした成長の理由についてヨムCEOは、10年以上自社ECサイトで培ったノウハウをもとに、素材からデザイン、着心地まで徹底的に管理し、完成度の高い商品の提供に注力してきたことを挙げています。また、ルアンドジェイ最大の強みは、「トレンドに迅速に対応できる力」とも話しています。

 「レディースアパレルは、流行の変化が非常に激しい傾向があります。そのため弊社は、トレンドをふまえた商品や着回ししやすいコーディネートを提案するなど、年々多様化するお客様のニーズに対応しながら競争力を高めてきました」(ヨムCEO)

全体売上高のうち越境ECでの売上が30%以上、海外リピーターも増加

 特に自社ECの運営においては、商品画像や起用モデルなど、ユーザーに見える部分のコンテンツを大事にしています。市場調査などで収集したデータをECサイトに反映し、新しい商品やスタイルをお客様へ提案するなどの取り組みで、リピーターはもちろん、新規顧客も増えつつあるようです。

 ルアンドジェイは、2013年頃から韓国商品への海外ニーズが高まったことをきっかけに、越境ECも展開しています。海外ユーザーに向けてグローバルECプラットフォーム「cafe24」で、英語、中国語、日本語の各サイトを構築し、販路拡大にも力を入れています。

 その結果、全体売上高のうち越境ECでの売上が30%以上を占めるようになり、海外リピーターも徐々に増えていきました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:韓国の越境ECは、なぜ日本の若者に響くのか?魅力を徹底解説

もっと読む

2015年12月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5