記事種別

[韓国越境EC成功物語]デザインにこだわる若年層向けスマホケースが人気「ディーパークス」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/05/25 11:00

 韓国は、全国にわたる高速インターネット網の構築や高いスマホの普及率などで小売産業のEC化が進んでいて、事業者によるEC起業が非常に活発な状況です。最近では、地理的、文化的に近い日本市場に向けて「越境EC」に取り組む事業者が増え、若年層の注目を集めるケースも増えつつあります。本コラムでは、韓国のグローバルECプラットフォーム「cafe24」を通じて開業したユニークな韓国の越境ECショップを紹介したいと思います。

デザインにこだわる若年層向けスマホケースが人気
「ディーパークス」

 スマホケースなど、アクセサリーの販売を手がける「ディーパークス」は、若年層へ、自社ECを積極的に活用したアプローチを行っている。

 スマホケースの場合、大量生産・卸売の形態で取引されるのが一般的です。実際、韓国でも商店街の卸売業者が主な販売先で、彼らから仕入れたスマホケースを販売するEC事業者が多いです。そのため、一からスマホケースのブランディングに取り組む事業者は多くありません。

 そんな業界慣行に従わず、スマホケースのECサイトとして成果を上げているのが、朴・スヨンCEO率いるディーパークスです。

 朴CEOは、スマホケースのニーズが急増した2010年頃、市場調査を行いました。色が違うだけで特徴がない多くの商品を見て、視覚デザインを専攻した才能を活かした試作品の制作を始めました。

 ユニークなデザインの試作品は、流通問題で悩んだりすることも多かったものの、卸売業者からは好評でした。これらの作品を消費者に直接販売することを目指し、2012年に自社ECサイトを開業しました。

リーズナブルな価格設定も魅力
自社ECでユーザーと直接コミュニケーションも

 朴CEOによると、起業当初から商品のデザインにこだわる若年層に注目し、自社ECで直接彼らとやり取りを行ったそうです。また、中間流通を通さないため、リーズナブルな価格設定が可能であったことから、商品開発も活発に行いました。

 耐久性に関しては、外部に頼らず自社独自のテストを実施。デザインチームでは、SNSでターゲットとなる若年層とコミュニケーションを取りながら戦略を立てたり、全品を手作業で制作したといいます。

 このような取り組みから、ネットを中心に口コミが広がり、新規やリピーターからも問い合わせが殺到するようになりました。2015年に韓国のトレンドの発信地「弘大(ホンデ)」に実店舗を開業してから、同社商品を取り扱う店舗は20ヵ所にまで増加しています。

自社ECサイトだけでなく、実店舗の運営にも力を入れている
自社ECサイトだけでなく、実店舗の運営にも力を入れている

 特に明洞(ミョンドン)店では、ECサイトやネットでディーパークスの商品を見た観光客の訪問も増えており、インバウンドの対応にも力を入れています。また、日本バイヤーからの問い合わせも増加したことから、2017年にグローバルECプラットフォーム「cafe24」で日本語のECサイトも開業しました。日本は、iPhoneなど、スマートフォンの利用者が多い有力市場なので、今後も積極的な取り組みを行う予定です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:韓国の越境ECは、なぜ日本の若者に響くのか?魅力を徹底解説

もっと読む

2016年08月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5