記事種別

ミッション実現のためにオムニチャネルへ スノーピークに聞くECリニューアルの裏側

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/01/16 11:00

 「SAP Hybris」を採用し、ECサイトをリニューアルした、アウトドアブランドのスノーピーク。高品質な製品と、長年にわたって丁寧に築いてきた顧客との関係が、デジタルにより一気に加速しそうだ。ソリューションの導入と運用を手がける、ビジネスプロセスイノベーション本部 執行役員/本部長 リース・能亜さんにお話を聞いた。

SAP HybrisでECサイトリニューアル、スノーピークに聞く

 今年7月にECサイトをリニューアルした、アウトドアブランドのスノーピーク。eコマースソリューション「SAP Hybris Commerce」を採用し、レスポンシブデザイン、アパレル製品のUX改善など、スマホ対応を中心に消費者の利便性向上を実現した。同時に、マーケティングソリューション「SAP Hybris Marketing」も取り入れ、顧客エンゲージメントを強化していく方針を発表している。

株式会社スノーピーク ビジネスプロセスイノベーション本部 執行役員/本部長 リース・能亜さん

 ECサイトのリニューアルは、スノーピークが取り組むデジタル変革のひとつでしかない。ECリニューアル以前から、ERPソリューション「SAP S/4HANA」が稼働、予測分析ソリューション「SAP Predictive Analytics」、予算管理ソリューション「SAP BPC」、BIソリューション「SAP BO」など、SAP社のソリューションを同時に採用。これらのソリューションによる、在庫最適化、オペレーション効率化を進めている。

 「我々が今後描く成長戦略において、売上が急拡大していく予定です。その急成長に耐え得る基幹システム、ECのシステムを早急に構築する必要がありました。その際、世界的にも信頼性の高いSAP製品群を採用しようと決めたわけです。

 スノーピークは日本はもちろん、海外にも営業拠点を複数持っています。オンラインも含めたチャネルやロケーションの広がり、複雑化の可能性を考えると、バックからフロントまでの業務を一気通貫できるソリューションが必要でした。さまざまなソリューションを組み合わせる選択肢もありましたが、今後のさらなる事業拡大を考慮すると、オペレーションのベースラインを一気に作りたかったのです」(能亜さん、以下同)

 SAP Hybrisをはじめとするソリューション導入プロジェクトは、2016年3月にスタート。1年後の2017年3月にERPが稼働し、7月にはECサイトをリニューアルしている。類を見ないスピード感に裏側の苦労がうかがえるが、「一気通貫でシステムを考えられたのはよかった」と能亜さん。例によってバグなども発生したが、2017年11月の取材時点で、それぞれのソリューションが安定稼働の段階に入ったと言う。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:ECホットトピックス

もっと読む

2015年09月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5