記事種別

ECサイトが“検索意図”を把握したコンテンツマーケティングで成果を出す方法

ECzine Day 2017 KANSAI イベントレポート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/11/16 11:00

コンテンツのリフォーム(改善)で集客が大幅アップ

 そのミエルカを活用して同社が手がけたある事例では、「検索意図」を考慮してコンテンツを見直した結果、ターゲットキーワードでの検索順位が大幅に上昇。コンテンツリフォームの前後3か月を比較すると、アクセス数が10倍になった。その後も検索上位をキープし続け、ついには検索1位に。その時のアクセスは、リフォーム前の40倍にまで増加したという。

 検索1位の場合、クリック率は約30%。この検索と同じだけの流入を広告出稿で獲得するとなると、かなりの広告費がかかる。広告費をかけずに多くのユーザーに訪問してもらえるコンテンツ施策には、集客効果以上の大きな価値がある。

 「広告は出稿を止めたら露出ゼロですが、良いコンテンツは検索上位に留まり、流入を稼ぎ続けてくれます。広告は経費ですが、コンテンツは資産、投資です」

 また、コンテンツマーケティングには、集客後のシナリオ=「出口戦略」も重要だと付け加えた。

 「ECで『購入』しかコンバージョンがないとなると、購入から少し遠いコンテンツマーケティングは評価しづらい。その手前の指標として『中間コンバージョン』を作るのが大事。例えば、無料モニター登録やダウンロードコンテンツ配布で、メールアドレスなどの情報を取得できる仕掛けをしておく。そうすると、メルマガなどでユーザーと長期的な関係を築くキッカケになります」

 最後に、「検索意図」把握のための3ステップを振り返りながら、時間がない場合は1ステップだけでもチェックしてほしいと語った月岡さん。ミエルカを活用すれば3ステップを効果的、効率的にできること。施策後の振り返りで重要な分析として、ヒートマップ機能やGoogle AnalyticsとGoogle Search Console連携によるサイト改善機能も充実していることを紹介して、講演を締めくくった。

 「皆さんのサイトに良いコンテンツが増えれば、そのコンテンツを閲覧するユーザーもハッピーになります。潜在的なニーズを持つ、多くのユーザーに出会える皆さんもハッピー。そういうコンテンツがたくさん生まれると良いなと思っています。ご清聴ありがとうございました」(了)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:ECzine Day 2017 KANSAI&Autumnレポート

2018年12月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5