SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

ネットショップのための運用型広告講座

今日からすぐできる、3C分析の具体的なアクションプラン

 アナグラムさんによる、ネットショップのための運用型広告講座です。第4回は、3C分析のアクションプランについてお届けします。

今日からすぐできる、3C分析の具体的なアクションプラン

 こんにちは、アナグラムの森野です。ネットショップのための運用型広告、その活用方法を紹介していく本講座。連載第4回目は、今日からすぐできる、3C分析の具体的なアクションプランについてです。

3C分析:さんしーぶんせき

 経営戦略を立てる際に、顧客、競合、自社の状況をリサーチ・整理する際に用いられるフレームワーク。[顧客:Customer、競合:Competitor、自社:Company]の頭文字を取って3Cです。

 著者は3C分析の利点を、プロモーションが見当違いの方向へ進まないよう、“市場への理解を深める”ことができる点にあると考えます。すなわち、第1回連載の「(1)なにを」、「(2)だれに」、「(3)どのように」を考える土台となる部分ですね。

 この土台を形成するのがリサーチと経験です。経験がない人は、リサーチの質と量を高めるしかありません。マーケティングを行う上において、どういうわけかココをおろそかにしているケースをしばしば目にしますが、そうなると見当違いの訴求をし続けて、お金も時間も無駄になってしまう悲劇が起こります。

 一方、最初に市場が理解できていると、世の中のニーズとズレた施策やメッセージが目に見えて減りますし、そうなると貴重なリソースをプロモーションの成功へ向けて集中しやすくなることは想像に難くありません。

 最初に時間と手間をかけて、その後高いクオリティで運用するか、見切り発車して永遠に失敗し続けるか。どちらが良いかは言うまでもありませんね。とはいえ、初期の市場理解と、実際のお客さんの行動の間には必ずギャップは出てきますので、そこは実績数値を見ながら仮説・検証・分析を経て修正していきましょう。運用型広告なのですから。

 3C分析の詳しい理論、およびファイブフォース分析、PEST分析、SWOT分析、VRIO分析など、3C分析をより深く行うためにも活用できる分析手法は、世の良記事をご参照いただくとして。今回は運用型広告を出稿するにあたり、特にこれをやっておくとダイレクトに成果に効いてくる、具体的なアクションについてお話してみようと思います。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
1.顧客:Customer分析

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
ネットショップのための運用型広告講座連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

アナグラム株式会社 運用型広告エキスパート 森野滋郎(モリノ シゲロウ)

編集者、商社マン、ECサイトマネージャーを経て、運用型広告の世界へ。現職ではプレイングマネージャーとして、広告運用とコンサル、チームマネジメントを行いながら、顧客課題を最短距離で改善する。ボトルネックの見極めと成果にコミットする運用が信条。アナグラム株式会社2015年MVP受賞。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/5058 2017/10/30 08:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング