記事種別

よくわかる!リスティング広告で第三者の自社商標利用を防ぐ方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 アナグラムさんによる、ネットショップのための運用型広告講座です。第6回は、第三者がリスティング広告で自社商標を利用する行為を防ぐ方法についてお届けします。

 こんにちは、アナグラムの森野です。ネットショップのための運用型広告、その活用方法を紹介していく本講座。連載第6回目は、第三者がリスティング広告で自社商標を利用する行為を防ぐ方法についてです。

はじめに

 リスティング広告(検索連動型広告)を出稿していると、自社のブランドネーム(社名・商品名・サービス名など)を広告文に用いた他社広告を目にする機会があるかもしれません。

 同じブランドネームがSERPs(検索結果画面)にひしめきあった光景は、自社はもちろん、検索したユーザーにとっても健全な状態とは言い難いものです。

イメージ

  本記事では、そんな時に取るべき対策について、当事者同士で解決するパターンと、媒体へ申請するパターンの2つに分けて解説していきます。

 検索連動型広告でブランドネームを出稿するか否かは、状況・方針によってスタンスが分かれる場合もあるかと思いますので、気になる方は以下の記事も合わせてご覧いただけますと幸いです。

永遠の課題に終止符!?検索連動型広告において「ブランドネームやサービス名」、または「オーガニック検索で1位のキーワード」には入札するべきなのか?

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:ネットショップのための運用型広告講座

2017年01月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5