記事種別

[韓国越境EC成功物語]徹底した日本戦略で10〜20代の女心を掴んだ韓国アパレル通販「ゴゴシング」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/09/20 11:00

 韓国は、全国にわたる高速インターネット網の構築や高いスマホの普及率などで小売産業のEC化が進んでいて、事業者によるEC起業が非常に活発な状況です。最近では、地理的、文化的に近い日本市場に向けて「越境EC」に取り組む事業者が増え、若年層の注目を集めるケースも増えつつあります。本コラムでは、韓国のグローバルECプラットフォーム「cafe24」を通じて開業したユニークな韓国の越境ECショップを紹介したいと思います。

10~20代女性向けEC発ブランドで起業
EC全体売上のうち、日本が25%を占める

トレンドに敏感な若年層に向けて、最新トレンドを取り入れた商品を提案している

 衣類販売を手がける「ゴゴシング」は、2007年にEC発アパレルブランドとして誕生、10~20代の女性からの人気を得て、韓国で成長を重ねてきました。 ゴゴシングを率いるファン·ウンスク代表は、韓国国内だけでは規模拡大に限界を感じたとのこと。2014年、グローバルECプラットフォーム「cafe24」を使用し、越境EC事業に本格参入しました。

 越境ECサイトは、中国と日本向けとを同時にオープン。13億人の巨大市場である中国市場より先に、日本市場での反応に手応えを感じました。現在では、ゴゴシングのEC売上のうち約25%を日本が占め、日本における17年上半期の売上が前年比200%に増加するなど、継続的な成長を続けています。

 ファンCEOは、成長の要因について次のよう語ります。

 「越境EC事業を展開する際には、現地戦略が非常に重要です。たとえば日本のユーザーが、越境ECサイトにアクセスしたとき、日頃利用する見慣れたサイトと同様に、違和感を覚えないような仕組みが必要です。弊社は、日本市場参入の際、事前に日本のECサイトの特徴を徹底して研究しました」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:韓国の越境ECは、なぜ日本の若者に響くのか?魅力を徹底解説

2014年09月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5