SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ステキなあのお店のEC活用

次々とつながる縁を大切にした店づくり 雑貨店エッケプンクトの「作り手の魅力を伝える」EC

ステキなあのお店のネット・EC活用について迫るインタビュー。第2回は、店主の感性とご縁で選んだ“作家もの”を販売する「エッケプンクト」を紹介します。店主であり、デザイナーとしても活躍する熊田孝洋さんにお話をうかがいました。

人気作家の雑貨に行列ができる“角地”にあるお店

 「エッケプンクト」——不思議な響きを持つ店の名前は、実に「カド」にあるからつけられたという。ドイツ語でEckepunkt=角地の意味のとおり、東京・自由が丘の住宅が立ち並ぶ角にある小さな雑貨店だ。ガラス張りの窓越しにステンドグラスの鳥のモビールが揺れ、丁寧な手刺繍が施されたシャツがかかる。ドアを開くと、どこにもないような個性豊かな雑貨たちがにぎやかに迎えてくれる。

 ぽってりとした掌を感じさせるコーヒーカップ、ドロップのようなガラスのアクセサリー、長く使うのが楽しみになりそうな革のコインケースなど、どれも魅力にあふれたものばかり。ほぼすべてが手作りのものだけにひとつひとつ表情が異なり、眺めているだけでも楽しめる。その中からお気に入りを探す、もしくは出会ってしまうという方が正しいのか。雑貨好きにはたまらない店だ。

 そして、壁一面を使ったギャラリースペースには、窓越しに迎えてくれた鳥のモビールとともに、ステンドグラスの作品が並ぶ。決して広くはないスペースだが、ところどころ中途半端に空いており、展示してある作品にも「売約済み」のマークがついている。どうやら人気の作家のようだ。

 「ギャラリースペースでは、毎月作家さんの個展や企画展をやっているんですが、たいてい根強いファンがいらして、開始とともにほとんど売れてしまうんです。店頭に出した分もそうですし、オンラインショップの方で売れてしまうこともある。スカスカになってしまうとちょっと格好が悪いので、売約済みとして期間中置いておいていただいたり、作家さんにあとから展示分として納品していただいたりしています」と店主の熊田さん。

エッケプンクト店主・デザイナー 熊田孝洋さん

 特に人気の作家の場合は、地方から前日に来て、早朝4時から店の前に並んで待つこともあるという。「近所の方に『並んでたわよ~』と教えていただいて知ったんですけれどね」と熊田さんは肩をすくめる。

 「最近はInstagramで作り手さん自身も情報発信しているので、思いがけず大人気になっていたりします。お客様も貪欲にネットで情報収集しているので、うちのウェブサイトで個展の紹介をするとすぐに問い合わせがきますね。あまりにも早いので、びっくりすることも多いです」

 決して“既に売れている”作家の作品ばかりを扱うわけではない。むしろ、店主の熊田さんがふらっと訪れたギャラリーで波長が合った作品や、「あのお客様が好きそうだな」と思った作品、そうした出会いから作家との出会いが生まれ、少しずつ取り扱うものが増えていったそうだ。

 熊田さん曰く、「『エッケプンクト』にはコンセプトがない」。それは、お店自体の“生い立ち”に由来するようだ。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ノーコンセプトのギャラリーから今の「カタチ」へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ステキなあのお店のEC活用連載記事一覧
この記事の著者

伊藤 真美(イトウ マミ)

フリーランスのエディター&ライター。もともとは絵本の編集からスタートし、雑誌、企業出版物、PRやプロモーションツールの製作などを経て独立。ビジネス系を中心に、カタログやWebサイト、広報誌まで、メディアを問わずコンテンツディレクションを行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/3330 2016/07/25 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング