記事種別

ソニー、3年ぶりの純利益黒字!貢献したニッチメディア、苦戦したCtoC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

医療事業者向けポータルサイト好調!成長を続けるエムスリー

 エムスリーの主力ビジネスは、医療従事者向けポータルサイト「MR君」の運営だ。MRとは製薬会社の医薬情報担当者である。大学病院などの医療施設で患者には見えない背広姿の人物を見かけることが多いが、MRの可能性が高い。MRは医師に接することがメイン業務なだけに、セールスマンともいえる。そのセールスの部分はともかく、医師への情報提供をネットでサポートするというのがエムスリーのビジネスだ。

 医師会員約25万人。医薬会社など主な利用企業数は約30社。1社あたりの売上はおよそ4億円、トップ5のクライアントともなれば、年間平均約9億円であると同社は説明している。

 医師や薬剤師を対象とした求職支援サービスや開業・経営サービス、それに臨床試験受託サービスなど、周辺ビジネスを拡大。英国や米国、韓国、中国でも医師向けポータルサイトの運営や転職支援事業を展開している。

 年間決算を初めて組んだ01年度の売上高は4.8億円。以来、毎年増収を続け、16年3月期は、01年度の135倍弱、646億円だった。13年度から15年度にかぎってみても、毎期のように100億円以上の売上増である。売上高もそうだが、30%台の高い営業利益率も実現。従業員の平均年間給与は730万円(平均年齢34歳)で、社内取締役の平均年俸は3,100万円といったところだ。

エムスリーの収支構造


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:EC関連企業の財務状況をきまぐれにチェック

もっと読む

2018年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5