SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzine Day 2016 Spring レポート(PR)

ブレインパッドが語る「顧客に寄り添うECサイトマーケティングを実現するには」

2016年3月17日に「ECzine Day 2016 Spring」を開催。「顧客に寄り添うECサイトマーケティングを実現~マーケティングオートメーションにより最小の負荷でおもてなし~」と題し登壇した、ブレインパッド 林隆司さんの 講演レポートをお届けします。

EC戦国時代、既存顧客へのアプローチがさらに重要に

株式会社ブレインパッド ソリューション本部 プロダクトマネージャー
林 隆司さん

 まず林さんは、現在のEC・通販市場が拡大していること、CtoCやオンデマンドECなどサービスが多様化していることなどから、現状を「EC戦国時代」と表現。そうした状況下で利益を上げるための考えかたとして、「新規顧客の獲得」「既存顧客のリピート」のふたつがあるとした。

 「どちらも重要ではあるのですが、一般的に、新規顧客の獲得コストは既存顧客の5倍だと言われており、実際に新規の獲得コストが上がってきているという声もクライアントから聞こえてきます。そのような中で、既存顧客のリピートを獲得するためのアプローチは、今後もさらに増えていくのではと考えています」

 ブレインパッドには、既存顧客に対するアプローチにおいて、新規顧客(F1)からリピート顧客(F2)への引き上げを1%改善したことで、売上に約7,000万円のインパクトを与えたクライアントの事例もある。こうした経験から、既存顧客へのアプローチの改善は重要だと言えるのだ。

物理的な制限が少ないECだからこそ、おもてなしが必要

 ここで改めて、林さんはEC・通販ビジネスの特徴を振り返る。

 「物理的な制限が少ないため、多くの企業において取り扱う商品数が増える傾向にあります。一方で、ロングテール商品と呼ばれる売上順位下位80%の商品の売上合計が、売上全体の20%超を占めると言われていることから、『よく見られているわけではないけれど、そのユーザーに適したものをオススメする』ことも重要です」

 選択肢が増えるということは、ユーザーからすれば、自分が欲しいものがなかなか見つからないということでもある。だからこそ、自分に合ったものをすすめてほしいといったニーズが増えてきているのでは、と林さん。そこで重要になるのが、「おもてなし」だ。

 「縦軸がコンタクトのタイミング、横軸がオファーの量を示していますが、適切なコミュニケーションを取るためには、縦軸・横軸ともに適切であるべきと考えます。適切なコミュニケーションとはすなわち、『One to Oneマーケティング』のことです」

【講演資料DL】顧客に寄り添うECサイトマーケティングを実現!ECで必要な考え方とは?

先日開催されたECzine Day 2016 Spring内でのブレインパッドの講演で使われた資料(一部抜粋版)です。EC市場の最新動向や、ECビジネスで利益を上げるためのポイントを解説しており、ECに携わる方にはおすすめの内容になっています。ぜひご一読ください。ダウンロードはこちら

次のページ
ビッグデータの活用により、「誰が」「何を」買うかは予測可能に

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECzine Day 2016 Spring レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/3136 2016/06/29 11:05

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング