記事種別

Googleアナリティクスでお客様の「質」を知り、ECサイトのCVR改善につなげる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

自社ECサイト構築実績800社超え!アラタナの皆さんが、これから新規参入する企業に向けて、自社EC成功ノウハウをお届けします。今回はGoogleアナリティクスでお客様の「質」を分析し、CVR改善の打ち手につなげる考えかたです。

 こんにちは、アラタナの山口です。前回から自社ECサイトの「CVRを上げるには」というテーマを始め、「まず必要なこと」について書きました。

 今回からは、Googleアナリティクスを活用し、「お客様を知る」という部分をより掘り下げていきます。前回(第8回)の記事をまだ読んでいない方は、先に目を通していただくとより理解が深まるかと思います。

「お客様を知る」ふたつの視点

 ひとくちに「お客様を知る」といっても、どうすればよいか。

 前回は、お客様の行動フロー(流入→サイト内回遊→購入・離脱)に合わせ、セクションごとにデータを集計・分析すると説明しました。

 そのデータを見る視点は、大きく分けてふたつあります。

  • どんな経路でサイトへ訪れているのか(入り口)
  • サイト内でどんな行動をしているのか(サイト内行動)

 具体的には、集客しているお客様はターゲットユーザーと合っているか、ターゲットユーザーがサイトに訪問している場合、サイト内のどこが入口ページとなり、その後どのページを見て最終的にCVに至っている/いないを見ていくイメージです。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:これから始める自社EC、成功のステップ

もっと読む

2017年04月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5