記事種別

自社ECサイトのコンテンツマーケティングは「商品詳細ページ」を作りこむべし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

自社ECサイト構築実績800社超え!アラタナの皆さんが、これから新規参入する企業に向けて、自社EC成功ノウハウをお届けします。「集客」シリーズ第3回は、SEOについて取り上げます。

 こんにちは、アラタナの遠矢です。本連載ではこれまで、自社ECサイトの新規構築・リニューアル、その後の集客をテーマに書いてきました。

 第7回となる今回は、ECサイトに必要なSEOの考えかたを事例もあわせてお届けします。

そもそもSEOとは

1.検索エンジンのシェア

 SEOとは「Search Engine optimization」を指し、直訳すると「検索エンジン最適化」です。検索エンジンには、Google、Yahoo、bingなどさまざまあり、シェアは下記のようになっています。

※StatCounter調べ

 ここで注意すべきは、Yahoo!JAPANの検索エンジンはGoogleのアルゴリズムを導入していること。実質、検索エンジンシェアの約9割は、Googleの検索エンジンが使用されているということです。つまり、Googleの検索エンジンに対して最適化するのが、もっとも有効と言えます。

 そこでまずは、Googleの検索エンジンについて紹介していきます。

2.Googleが実現したいこと

Googleの使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。

 これは、Googleはコーポレートサイトに掲載されている、同社が果たすべきミッションについて述べているものです。

 人々が入力するキーワード(=ユーザーの悩み)から世界中の情報にアクセスし、最適な検索結果(=悩みに対する答え)を表示させることで、ユーザーの検索体験を引き上げることが背景にあります。

 よって、ユーザーが求めている情報を、最適な形で提供しているサイトやページを優先して表示していると言えます。

 Googleのアルゴリズムに最適化する以上、この概念を頭に置いておくべきと考えます。

 さて、ここまではSEOの概念について述べました。ここからは、SEO施策をするに前に必要な「設計」について書いていきます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

著者プロフィール

バックナンバー

連載:これから始める自社EC、成功のステップ

もっと読む

この記事もオススメ

2016年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5