SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス(PR)

カラーコンタクトレンズEC「Luvlit」が決済「Paidy」採用 ユーザー2割利用でキャンセル減へ

カラーコンタクトレンズ通販サイト「Luvlit(ラブリット)」。クレジットカードを使わないユーザーが過半数いる同サイトでは、「コンビニ前払い」のキャンセル率が高いのが悩みどころだった。オンライン決済サービス「Paidy」導入で、コンビニ前払いからのユーザーが動きつつある。

女性層向けカラーコンタクトレンズ・コスメECサイト
オンライン決済「Paidy」導入

 カラーコンタクトレンズ通販サイト「Luvlit(ラブリット)」は、T-Gardenが運営する独自ドメインサイトだ。同社は、渋谷に本社を置き、「女性がHappyに暮らせる毎日を創ります。」をミッションに、カラーコンタクトレンズのほか、コスメやヘアケア製品、生活雑貨などを企画開発している。カラーコンタクトレンズは主力事業のひとつでもあり、量販店の同部門では、1、2を争うポジションだ。

http://luvlit.jp/

 「ユーザーは、10代後半~30代半ばまでのいわゆるF1層で、100%といっていいくらいスマホから購入されています。主力商品はモデルやアーティストがプロデュースした、カラーコンタクトレンズやコスメです」(Luvlit ディレクター 野澤晃泰さん)

 EC事業は6年ほど前から、独自サイトのほか、楽天市場、Amazon.co.jp、DeNAショッピングにも出店している。楽天市場が、前年比150%の勢いで売上を伸ばしていることから、モールの強さを感じているところでもあるが、独自サイトは、メーカーが運営する「公式サイト」の役割を持つ重要な存在だ。

 「独自サイトでは、決済手段は、クレジットカード、代引き、コンビニ決済、キャリア決済を導入していました。3割ほどを占めていたコンビニ決済は、受付番号を発行して事前にお支払いいただく仕組みですが、支払いの期限切れになり、キャンセルされてしまうことが多かった。そんななか、懇意にしている企業様から『Paidy(ペイディー)』を導入し、成果につながっているとご紹介いただきました」

株式会社T-Garden Eコマースチーム Director 野澤晃泰さん

 Paidyは、メールアドレスと電話番号を入力すると、スマートフォンにSMSで4桁のコードが飛び、それを入力すると決済ができるオンラインのサービス。クレジットカードもIDやパスワードも必要ない。支払いは前月の分をまとめて、翌月10日までにコンビニで後払いする仕組みで、分割払いも可能になっている。ユーザーからすれば、クレジットカードを持たずに、クレジットカードのような支払いサイトでショッピングができるわけだ。すでに、SHOPLIST.com、夢展望、fifthなど、F1層をメインターゲットにしたサイトが導入している。

 「導入の際、後払いサービスと比較しましたが、Paidyは決済手数料が安かったので導入を決めました。懸念点としては、まだそれほど認知されていない新しいサービスなので、ユーザーが戸惑わないかということ。Paidyさんがキャッシュバックキャンペーンを行ってくれたり、サイトでも新しい決済であることを押すなど、工夫しました。結果として、ユーザーからとくに問い合わせもなく、いまでは代引きに迫る勢いで利用されています。新規ユーザーも、既存ユーザーも、どちらにも利用されていますね」

 導入後3ヶ月で、クレジットカード35%、代引き25%、Paidy20%、コンビニ15%、キャリア5%という割合になっている。代引き、コンビニ決済の際に手数料がかかることを考慮に入れても、Paidyは飛躍的に伸びていると言えるだろう。

次のページ
トレンドを発信するビジネス、新しいサービスも積極的に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/3039 2016/08/19 13:01

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング