SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

これから始める自社EC、成功のステップ

ECサイトのCVRを上げるには 「お客様を知る」Googleアナリティクス活用法

自社ECサイト構築実績800社超え!アラタナの皆さんが、これから新規参入する企業に向けて、自社EC成功ノウハウをお届けします。今回から、「CVRを上げるには」をテーマにGoogleアナリティクスを活用していきます。

 こんにちは、アラタナの山口です。本連載ではこれまで、EC市場の状況から構築・リニューアルのポイント、さらに集客に関して説明してきました。

 今回からは、「CVR(コンバージョンレート)を上げるには」にフォーカスを当てていきたいと思います。

CVRとは

 CVRとは、Conversion Rate(コンバージョンレート)の略です。Conversionとは、変換、転換、交換などの意味ですが、Webサイトでは、獲得できる最終的な成果のことを指します。ECでいうと「注文」「会員登録」「メルマガ登録」「お問い合わせ」などに当たります。

 Rateは割合ですから、CVRはサイトを訪問したユーザーのうち、成果に至った数の割合を指します。

 今回はECサイトが対象となるため、注文完了をConversionとして説明していきます。

CVRが計測できているかを確認

 初歩的なことですが、そもそもGoogleアナリティクスでCVRが計測できるように設定がされていないケースが意外と多いです。

 Conversionとして計測するポイントを決めたら、まずはCVRが計測できるようにGoogleアナリティクスで「目標設定」と「eコマース設定」をする必要があります。

 これらが設定されていないと、今どれくらいのCVRがあって、目標を達成するためにはCVRをどれくらい上げないといけないのかの試算ができません。

 確認方法は、以下のとおりです。

GoogleAnalyticsにログイン後、以下で数値を取得できているか見てください。

【コンバージョン>目標>サマリー】もしくは【コンバージョン>eコマース>サマリー】

 これらを計測するには、ECサイトへタグの設置が必要です。設置方法はASPカートや構築パッケージごと異なるため、不明な点があれば、それらの提供会社や制作会社にお問い合わせください。

 まずは、GoogleアナリティクスでCVRが計測できているかを確認し、設定ができていない場合はGoogleアナリティクスの設定を行うことから始めましょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ECサイトの売り上げ構成式を理解する

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
これから始める自社EC、成功のステップ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社アラタナ ECマーケティング事業本部マーケティングチーム 山口琢磨(ヤマグチ タクマ)

アツくなれる仕事がしたい!と思いアラタナに入社。アラタナではECサイト運営者向けのサポート、新規構築のプランナー、オープン後の運営業務改善プランナーを経て、ECサイトの売上を上げることをミッションにマーケティングディレクターに従事。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/3027 2016/04/26 08:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング