SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年冬号(vol.23)
特集「Social merges with OMO~垣根なきコマースを実現する発想とテクノロジー~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

金子洋平のおしゃれEC通信

中小EC事業者がオムニチャネルを始めるなら 展示、ポイント連携、アプリ作成などサービス5選


エクシーズのファッションECコンサルタントの金子さんが、ECとファッションを掛けあわせた記事を書いていきます。今回は、中小のEC事業者がオムニチャネルを始めるのによさそうなサービスを5つピックアップしました。

中小EC事業者がオムニチャネルを始めるためのサービス5選

 「O2O」や「オムニチャネル」という言葉が浸透し、私もビジネスシーンでよく使うようになりました。最初は、大企業や大規模なECサイトにだけ関係あるものと考えていましたが、最新のサービスやツールを使うことで、中小のECサイトでもオムニチャネルが実現できるようになってきています。

 今回は、中小規模のEC事業者さん向けに、オムニチャネルサービスをセレクトし、活用方法も含めて紹介していきたいと思います。

サービス(1)スペースのマッチングサービス「SHOPCOUNTER」

https://shopcounter.jp/

 今年の5月から始まった新しいサービス「SHOPCOUNTER(ショップカウンター)」は、ポップアップショップ(期間限定店舗)や展示会などに使える、スペースのマッチングサービスです。

 東京で実際にお店を開こうとすると、保証金や敷金、内装など莫大なお金がかかります。それをSHOPCOUNTERでは、スペースや期間を柔軟にすることで、気軽にリアルな接点を持てるようしています。

 都内でも、たとえばコーヒーショップの壁面スペースなら1日数千円からといった金額帯です。まずは期間限定で出店したり、すでにECでお買い物をしてくださっているお客様との接点に使ったり、ファミリーセール的な利用も可能だと感じました。

サービス(2)ポイント・顧客一元管理ASPサービス「CROSS POINT」

http://cross-point-system.jp/

 たとえば、すでに実店舗を持っている事業者さんなら、「CROSS POINT」も良いサービスだと感じています。店舗とECのポイントを共通化したい、顧客管理を一元化したいというニーズはとても多いからです。

 クロスポイントはASPサービスで、基本料金が3万円/月+店舗ライセンス料金3000円/月と、比較的安価に導入可能です。一元管理だけでなく、リアルなポイントカードを発行したり、スマートフォンでバーコードを表示したりもでき、会員向けアプリなども提供できます。

サービス(3)O2Oポイント共通化ASPサービス「FutureShop2X」

http://fs2x.future-shop.jp/

 ショッピングカートASP「FutureShop2」と、先述の「CROSSPOINT」が連携したサービスです。ECと実店舗の会員・ポイントを統合し、会員をステージ別に分けたマーケティングが行えます。

 初期費用が75万円に、月額15万円とやや高額の部類に入りますが、実店舗とECをつなぐために追加のシステム開発が不要だと考えると、むしろ安価と言えるかもしれません。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
規模問わず、EC→リアルのオムニチャネルが進みそう

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
金子洋平のおしゃれEC通信連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社ヤプリ 執行役員CCO 兼 エバンジェリスト 金子洋平(カネコ ヨウヘイ)

大学卒業後、GMOインターネットでマーケティング、営業、新規事業立ち上げを経験。24歳で「ファッション×インターネット」をテーマに起業、ファッションメディア、ファッションECを11年運営した。2016年よりアプリプラットフォーム「Yappli」の株式会社ヤプリに参画。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/1963 2015/07/28 17:23

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング