SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECホットトピックス(AD)

ANAグループ、EC事業への挑戦 日常×非日常の顧客接点を創出するサイト内検索とレコメンド機能

 2023年1月、ECモール「ANA Mall」を開設したANAグループ。改良を重ねながら、ショップ数を急拡大させている。その運営を専門的なノウハウによって支えているのが、ZETA株式会社だ。ANA Mallが導入したEC商品検索・サイト内検索エンジン「ZETA SEARCH」とレコメンドエンジン「ZETA RECOMMEND」の機能とは。同モールを運営するANA X株式会社 EC事業推進部 部長 平山剛生氏、事業企画チーム 石津美乃里氏、園田かおり氏、ZETA株式会社 執行役員 副社長 出張純也氏、技術部 ユニット長 荏原大樹氏、営業部 ユニット長 大井果林氏に話を聞いた。

サイト改善の第一歩は検索行動の可視化

──まず、ANAグループが新事業として「ANA Mall」を立ち上げた経緯と理由を教えてください。

平山(ANA X) コロナ禍で受けた大打撃をきっかけに、ANAグループは非航空分野の収益源を確保する方向へ舵を切りました。具体的には、航空領域で培ってきた経験や信頼をベースに、マイルを軸としたポイントプログラムを活用し、お客様との日常的な接点の創出を目指しています。その手段の一つがANA Mallです。

ANA X株式会社 EC事業推進部 部長 平山剛生氏
ANA X株式会社 EC事業推進部 部長 平山剛生氏

──ANA Mallの立ち上げにあたって、ZETAはどのような提案を行ったのでしょうか。

大井(ZETA) 保有マイルにもとづいたレコメンド、商品数が増えても検索スピードを保つことなど、様々な要件を踏まえて必要な機能をすり合わせました。今後のANA Mallの成長を見据え、サイトのグランドオープンから1年間といった短期的な取り組みではなく、長期的な目線で提案しています。

平山(ANA X) 他社のソリューションとも比較検討しましたが、QCD(クオリティ・コスト・デリバリー)の観点で最もバランスが良いと感じたのがZETAのソリューションでした。

──なぜ、モールに必要な機能として、サイト内検索とレコメンドを重視しているのでしょうか。

石津(ANA X) 両機能は今や当たり前の標準装備であり、一人ひとりのお客様に寄り添うサイト内の接客において、大黒柱となる機能でもあると考えています。ANA Mallは今後、出店ショップ数や取扱商品数をさらに拡張していきます。商品の取扱規模が大きくなってもお客様にとって使いやすく、これまで以上に快適にお買い物をお楽しみいただける環境を構築しなければなりません。

平山(ANA X) ECモール事業はANAグループにとって新たな挑戦です。「旅行関連の商品を求めてANA Mallに訪れるお客様にはトラベルグッズを」「日常的なお買い物をされるお客様にはデイリーグッズを」といったように、適切な商品をどうレコメンドするかが事業推進の鍵となります。

──ANA Mallは、「ZETA SEARCH」と「ZETA RECOMMEND」を導入しています。実際には、どのように活用していますか。

石津(ANA X) ANA Mallは、まだ立ち上げたばかりのため、目的を持ってサイトへ遊びにきてくださるお客様もいれば、そうでないお客様もいます。こうした状況で、サイト内におけるお客様の検索行動を可視化するのに、ZETA SEARCHは非常に重要です。当社では、よりタイムリーに顧客理解を深め、対策を講じたいと考え、検索行動の分析頻度を月次から週次に変更しました。ZETA SEARCHで得られたデータは、各オウンドメディアでの情報配信やサイト内接客などのマーケティング施策へ活用しており、ANA Mallへの来訪や回遊促進に役立てようとしています。

ANA X株式会社 EC事業推進部 事業企画チーム 石津美乃里氏
ANA X株式会社 EC事業推進部 事業企画チーム 石津美乃里氏

園田(ANA X) ANA Mallへ出店されている各ショップには、人気商品ランキングやおすすめ商品を、ショップトップページに表示設定していただくよう積極的に案内しています。タグの埋め込みだけで表示でき、お客様の行動履歴にもとづいた商品を容易に提案できるため、「店舗構築の助けになっている」と好評です。

石津(ANA X) ANAグループでは、ANA Mall以外にもアフィリエイトサイトである「ANAマイレージモール」や、直販ECサイトである「ANAショッピング A-style」などのサイトを運営しています。各サイトの違いや使い分けについて、お客様にわかりやすくご案内していく上での課題も、ANA Mall内の検索行動から読み取れました。まだ取り扱いに至っていない商品が、ANA Mallを利用されるお客様のニーズとして存在することも検索データから明らかになり、今後拡張すべきMD戦略のヒントにもなりました。

──ZETAは現在、ANA Mallの運営をどうサポートしているのでしょうか。

荏原(ZETA) ECモールでは、ショップによって商品の質や商品データの登録状況が異なります。お客様が特定のショップだけを探すケースも多いです。こうした中でも、検索結果でいかに最適な商品を提示できるかを軸に、チューニングしています。

出張(ZETA) 当社は、「特定のキーワードで何回検索されているか」という全体傾向や、検索サイト内の0件ヒット、つまり「検索結果に何も提示できなかった」際のログデータなどを提供しています。検索結果が0件のキーワードが何回も検索されている場合は、「お客様が求めるカテゴリーのショップを増やす必要がある」といったように、マーケティング戦略に生かせます。

次のページ
複数製品の導入による相乗効果

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

加納由希絵(カノウ ユキエ)

 フリーランスのライター、校正者。地方紙の経済記者、ビジネス系ニュースサイトの記者・編集者を経て独立。主な領域はビジネス系。特に関心があるのは地域ビジネス、まちづくりなど。著書に『奇跡は段ボールの中に ~岐阜・柳ケ瀬で生まれたゆるキャラ「やなな」の物語~』(中部経済新聞社×ZENSHIN)がある。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:ZETA株式会社

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/14076 2024/01/31 11:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング