SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

押さえておきたい!ECトレンド図鑑

「LINE」でCXを生み出す国は他にない?SAPに聞く日本市場の特徴とeコマースに必須の施策

 eコマースによる買い物が当たり前になった今、顧客体験(CX)が他社との差別化の鍵を握る。2023年6月に、SAP Emarsys グローバルセールスリード Emarsys市場開発担当 Sam Rosenthal氏が来日。SAPジャパン Enterprise Cloud事業本部 カスタマーエクスペリエンス事業部 事業部長 阿部智亜氏とともに、EC市場のトレンドやCXにおける日本の現状・課題、「SAP Emarsys Customer Engagement」(以下、SAP Emarsys)の特徴を語ってくれた。

コロナ禍でデータ収集・活用がさらに加速

──お二人のSAPにおける担当領域を教えてください。

Rosenthal これまで、MAやパーソナライゼーションの分野に8年携わってきました。現在は、SAPの既存顧客、新規のエンタープライズの顧客向けに、SAP Emarsysを提供しています。担当する地域としては、日本を含むアジア太平洋地域です。

阿部 SAP ジャパンでカスタマーエクスペリエンス事業部の事業部長を務めています。SAPは幅広い業務アプリケーションを備えていますが、同事業部では、顧客に対面するフロントオフィスとしてのソリューションを受け持っています。

──SAP Emarsysは、どのようなツールなのでしょうか。詳しく教えてください。

Rosenthal SAP Emarsysは、CXを向上し顧客のエンゲージメントを高める機能を備えたプラットフォームです。具体的にできることは、大きく分けて次の5つです。

 1つ目は、顧客のロイヤリティ向上への寄与。複数チャネルにまたがって、パーソナライズされたキャンペーンが作成できます。

 2つ目は、セグメンテーションとパーソナライゼーションの実現です。顧客を属性や行動をもとにセグメント分けし、特定のグループに合ったコンテンツの表示などが可能です。

 3つ目は、顧客ライフサイクル管理。カートが放棄されているときのリマインド、購入後のフォローなどを自動化します。

 4つ目には、行動分析があります。トレンドの発見や深い顧客理解によって、各チャネルのどこに改善の余地があるのかを特定できます。

 5つ目はオムニチャネルマーケティング機能です。各チャネルをシームレスにつなぐことで、一貫性があり、パーソナライズされた体験を複数のタッチポイントで提供できます。

──各ブランドにとって重要なCXですが、コロナ禍の前後で変化はあったのでしょうか。

阿部 日本の場合、オンラインのみで商品を販売している事業者は多くありません。特にコロナ禍前は、あくまでも実店舗での販売が中心でした。それが、コロナ禍で一気にeコマースの比重が高まりました。オンライン上でも顧客の行動をとらえ、インサイトを得る。そして、得たインサイトを活かす。こうした動きが、特にBtoCビジネスを運営する事業者の間で加速しています。

Rosenthal 別の角度で話すと、「企業に個人として認識してほしい」「プライバシーを尊重してほしい」という消費者の期待値は、コロナ禍の前後で変わっていません。EC事業者はこれに応える必要があります。

──では、最新のトレンドで注目すべき顧客の動きはありますか。

Rosenthal 海外と日本で共通しているトレンドに、「モバイルの活用」が挙げられます。モバイル上での優れた体験の提供に取り組む事業者が増えています。また、環境問題への関心が高まっていることも注目したい点です。顧客は、自分が購入する商品を販売している事業者が、環境に配慮しているかを気にかけています。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
ビジネスで使える「LINE」 日本はn=1の体験を重視

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
押さえておきたい!ECトレンド図鑑連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

末岡 洋子(スエオカ ヨウコ)

フリーライター

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/12964 2023/07/07 07:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング