SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

ECzine Day 2023 Spring レポート(AD)

顧客が離脱する意外な理由 7万回のA/Bテストから導き出したCVR改善法をSprocketが伝授

企業が見落とす顧客の離脱ポイント

 深田氏は、A/Bテストを繰り返してきたからこそ「顧客は思いがけないところで離脱していることがわかる」と説明する。

 ECサイトを運営していれば顧客の離脱はできるだけ減らしたいところだが、データだけでは離脱の理由は読み取りにくいだろう。しかし、施策を実行することで見えてくる顧客の反応がある。深田氏はその例として、生鮮食品を扱うECサイトを挙げた。

「本サイトでは、『ハンバーガーメニュー』のクリック率が平均数%程度と低く、ときには1%を切ることもありました。その理由を検証するため、アイコンの意味を説明する吹き出しを表示してみました。するとクリック数が増え、購入者数も増えたのです。つまり、『アイコンの意味が理解されていなかった可能性が高い』というわけです」

ハンバーガーメニューの事例
クリックすると拡大します

 ECサイトでは珍しくないカゴ落ちも、同様の検証を重ねた結果、「ご不明な点はございますか?」という問いかけが効果的だったという。「商品がいつ届くのか」「送料はかかるのか」「会員登録は必要なのか」など、支払いの直前に疑問を持つ顧客もいる。そこでFAQページに移動して内容を確認し、戻ってくるケースは多くない

「たとえばページの滞在時間が長いなど、『悩んでいる』と予想できる行動をとった顧客に、よくある質問をポップアップとして表示します。その場で疑問を解消してもらうことで、カゴ落ちの削減に成功しました」

FAQの提示事例
クリックすると拡大します

 またログインエラーも、離脱のきっかけとなる。それに対しても、パスワードを入力してエラーが表示された瞬間にポップアップで解決策を案内すれば、その場で解決できる。こうした顧客の些細なつまずきの解消が、CVRの向上をもたらす。

ログインエラーの事例
クリックすると拡大します

 こうした事例から、ECサイトにおけるセルフサービスの前提はもう成立しないことがわかる。コンテンツを用意していれば、顧客が見てくれるわけではない。ここで再び深田氏は、いくつかの事例を紹介した。

「コーディネートの紹介をしているアパレルのECサイトもありますが、ページの下部にコンテンツを用意しても顧客に気づいてもらえません。そこで、『コーディネートを見てみる』というボタンをクリックすると自動的にスクロールして、コンテンツのある場所までスムーズに誘導する工夫がなされています」

アパレルの事例
クリックすると拡大します

「絞り込み検索も実はあまり使われていない機能です。ここでも、顧客が使っていない機能を提案して、存在をアピールすることができます」

機能案内の事例
クリックすると拡大します

次のページ
顧客目線で「邪魔にならない」コミュニケーションを

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
ECzine Day 2023 Spring レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤 真美(イトウ マミ)

フリーランスのエディター&ライター。もともとは絵本の編集からスタートし、雑誌、企業出版物、PRやプロモーションツールの製作などを経て独立。ビジネス系を中心に、カタログやWebサイト、広報誌まで、メディアを問わずコンテンツディレクションを行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:株式会社Sprocket

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/12632 2023/04/12 11:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング