SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

ECzine Day 2023 Spring レポート(AD)

顧客が離脱する意外な理由 7万回のA/Bテストから導き出したCVR改善法をSprocketが伝授

顧客目線で「邪魔にならない」コミュニケーションを

 オンライン上での顧客のつまずきは、なぜ起こるのだろうか。深田氏はその理由についても解説してくれた。

「理由は2つあります。1つ目は、普段インターネットを利用しない層が、コロナ禍の影響で利用を始めたことです。これまで利用していなかったため、自ら情報を積極的に調べる行動をあまりしない傾向にあります。

 2つ目は、デジタルネイティブの増加です。操作に慣れているが故に、自分ですべて調べなければならないことにストレスを感じてしまいます」

 それならば、オンライン上でのアプローチ数を増やせば良いと考える人もいるかもしれないが、必ずしもそうではない。実店舗での接客と同じく、顧客が質問を投げかけるであろうタイミングで提案をしなければならない。すぐに先のページへ遷移しない新規顧客に対して、クイズ形式で商品詳細情報を提示した事例では、購入を決める前の顧客も含めて会員登録率が2.7倍にまで増加したという。

クイズ形式にした事例
クリックすると拡大します

 「顧客にチャットを案内するアプローチも有効だった」と深田氏は続ける。顧客の疑問のなかには、チャット経由でスタッフと会話をすれば解決できるものもある。しかし、自分からはチャットツールを立ち上げない顧客がいるのも事実だ。商品を見ているにもかかわらず、カートに入れていない顧客にチャット利用を促すことで、購入の迷いは解消できる。

チャットを案内した事例
クリックすると拡大します

 実店舗で接客をしていれば、顧客に声をかけるタイミングに気を遣うこともあるだろう。顧客が直接見えない場合は、さらにそのハードルが上がる。これまでは必要なアプローチができていなかった可能性があるが、データから顧客の行動を分析できれば、タイミングに合ったコミュニケーションが期待できる。

 そのためSprocketでは、マルチステップでのWeb接客を提案している。たとえば、最初は顧客の邪魔にならないよう10秒程度の動画を表示する。その後、「良ければご覧になりませんか?」と許可を得て、商品詳細ページへと誘導。その上で、より詳しい商品紹介動画を視聴してもらう。顧客に許可を得ることで、1分程度の動画でも最後まで見てもらえるようになり、購入の後押しとなるのだ。

動画による商品紹介の事例
クリックすると拡大します

「たとえば、顧客の認知・興味がそこまでない新商品でも、性能の良さや魅力を理解してもらえれば購入につながります。これまで、オンライン上で顧客に商品を隅々まで見てもらうことは容易ではありませんでした。しかし、うまく流れを作れば、顧客に気づきを与えることが可能です」

 とはいえ、Web接客におけるポップアップは、顧客から邪魔だと受け取られる懸念がやはり残る。なぜ顧客にとって悪い体験になってしまうのか、認識しておくことも必要だろう。深田氏は顧客がポップアップを邪魔だと感じるケースを5つ挙げ、それらが大きく2つの理由に分けられると説明した。

ポップアップが避けられる事例
クリックすると拡大します

「1つ目は、✕ボタンの押しづらさです。広告などで、ボタンが小さすぎて表示を消せないことがあるでしょう。2つ目は、誤クリックです。こちらも広告で頻繁に見かけますが、ポップアップの表示が大きすぎて、開こうと思っていないのに別ページへ遷移してしまうことがあります。こういった点に注意を払ってWeb接客を取り入れれば、効果的なアプローチとなるでしょう」

 ここまで、オンライン上の顧客コミュニケーションについて詳しく解説してきた深田氏。セッションの最後には、Sprocketが行っている支援について紹介。視聴者に対してこう呼びかけた。

「当社は、顧客行動に基づくマーケティングの推進をお手伝いしています。ツールベンダーではありますが、それを運用するリソースやA/Bテストの結果から蓄積したノウハウまで提供できるのが当社の強みです。もちろん、コンテンツの埋め込みやリアルタイムでの顧客データの分析などといった、様々な機能も備わっています」

Sprocketの機能
クリックすると拡大します

コンサルタントがサポートしますので、運用代行も可能ですし、内製化を希望される企業には、知見の提供も行っています。また、どうすればコンバージョン数が上がり、新規顧客をロイヤル化できるのかといったノウハウについても、共有が可能です。 企業と顧客の長期的な関係構築に貢献していきたいと考えていますので、そういった場合にはぜひSprocketを思い出していただけますと幸いです」

コンバージョン率を改善したい方にお勧めの資料 「顧客を動かす」訴求メッセージ

些細な表現の違いが、コンバージョンや売上に大きく影響することは少なくありません。顧客視点に立ち、「気の利く提案」や「つまずきケア」となるメッセージ発信が重要となります。この資料では、コンバージョンに影響する「訴求メッセージ」の言葉選びについて解説します。

「3万回のA/Bテストで見えた!「顧客を動かす」訴求メッセージ」のダウンロードはこちらから

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
ECzine Day 2023 Spring レポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

伊藤 真美(イトウ マミ)

フリーランスのエディター&ライター。もともとは絵本の編集からスタートし、雑誌、企業出版物、PRやプロモーションツールの製作などを経て独立。ビジネス系を中心に、カタログやWebサイト、広報誌まで、メディアを問わずコンテンツディレクションを行っている。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

提供:株式会社Sprocket

【AD】本記事の内容は記事掲載開始時点のものです 企画・制作 株式会社翔泳社

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/12632 2023/04/12 11:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング