SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス

靴下屋が台湾向け越境EC対応で得た発見 SNS活用・購入傾向の差から見据える今後の展望とは

翻訳対応なしでもビジュアルフックで購入へ ミニマムに始め、成果を出して次につなげる

 自社ECで越境ECに取り組む場合、翻訳などの対応コストも気になるところだ。タビオの自社ECでは、どうしているのだろうか。

「本来は対応すべきだと思うのですが、当社の自社EC内は現状翻訳対応をしていないため、お客様自身がブラウザなどの翻訳機能を活用して閲覧してくださっている状況です。それでも購入が生まれている理由は、自社EC内で意識的に着用写真などのビジュアル訴求を強化している点にあるのではないかと考えています。アパレルなどの場合は、サイズ感や質感を言葉で説明する必要がありますが、靴下はある程度サイズ展開が決まっていることも、言語の壁を越えやすい理由のひとつと言えるのかもしれません」

クリックすると拡大します

 なお、店舗展開の経験があったことから、台湾向けには越境EC開始以前からFacebook・Instagramのアカウントを開設していたこともプラスに作用したと言う。

「店舗閉店時のお知らせを最後に投稿していなかった靴下屋の台湾向けアカウントを、越境EC開始後に再始動させ、『自社ECから購入できます』とアナウンスを行うようにしています。こうしたお知らせや広告から流れて購入してくださっているお客様がいるのも、すでに見えています」

 台湾向けのマーケティングについては「まだ勉強中」と語る武田さんだが、すでに半年ほどで「多くの発見を得ている」と続ける。

「いわゆる売れ筋と呼ばれる商品のラインナップがそこまで大きく変わらないのは、ファッションのトレンドなどが近しいアジア圏ならではだと思います。欧米向けの展開ではそもそも商品選定から変えているので、それと比較すると少ない工数で売上を生み出せるのは魅力的です。

 実際に台湾向けに販売をして興味深いと感じたのは、主流とされるマーケティング手法が日本とまったく異なる点です。たとえば、日本ではInstagramとTwitterがSNS集客のほとんどを占めており、Facebookはほぼ運用をしていない状況ですが、台湾ではFacebook経由の反響が大きくなっています。台湾はFacebook内のコミュニティで買い物などの情報を得ると聞いたので、今後はこうしたコミュニティ販売に強い現地のインフルエンサーと交流を図るなどして、アプローチの幅を広げていきたいです。安価にスピード重視で成果を出すことができて需要が見えれば、『台湾に再度出店しよう』『専用の自社ECを立ち上げよう』など次の展開が見える可能性もあると思っています」

次のページ
社内インフルエンサーの躍進、OMO展開 店舗軸で広がる可能性 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 木原 静香(キハラシズカ)

ECに関する情報を、さまざまな切り口からお届けできればと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11398 2022/06/23 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング