SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス

靴下屋が台湾向け越境EC対応で得た発見 SNS活用・購入傾向の差から見据える今後の展望とは

社内インフルエンサーの躍進、OMO展開 店舗軸で広がる可能性 

 自社EC内での越境販売開始から半年程度で「注文件数は約5~6倍、売上としては約2倍の推移を見せている」と説明する武田さん。毎月右肩上がりで成長を続けており、今後は入国制限緩和なども見越して「店舗との訴求連動なども考えていきたい」と言う。

「ビジュアル訴求だけで購入してくださるお客様もいる状況ですが、触り心地などはやはり店舗で体験してもらわないとわからない部分もあります。また、購入後に日常使いして『いいね』と思っていただけた際に、次回来日前にECでリピート購入してもらえるようなアピールも必要だと思っています。

 先日台湾のお客様ふたりにインタビューを実施しましたが、靴下屋を知ったきっかけについて聞いたところ、おひとりは『訪日時に店舗を訪問して』、もうおひとりは『台湾の店舗で購入したのがきっかけ』と答えていました。

 当社の場合、店舗での客単価は約1,500円であるのに対し、自社ECだと約3,300円、越境ECだと約8,000~9,000円とかなりの差が開いています。生のお声を踏まえても当社にとってやはり店舗の存在意義は大きいですが、ECではレコメンドや特集の訴求などが単価アップに寄与していると考えられるので、双方の良さを活かしながら今後より良い売場作りを行っていけたらと考えています」

 実際に靴下屋では、2022年6月1日にOMO型の新店舗「靴下屋 吉祥寺店」をオープンするなど、売場の進化にも積極的だ。同店はSNS連動型のデジタルサイネージを有効活用し、顧客が今求めている情報をより迅速に届けるとのことだが、武田さんは「こうした店舗展開もお客様の動きを反映したもの」だと説明する。

「ここ数年、いきなり動きが良くなった商品があると思うと、InstagramやTwitterでバズっていた。そして、店舗にその投稿や写真を持って多くのお客様が訪れる……といった動きが増えていました。まずは吉祥寺からという形ですが、こうした瞬間的なトレンドをすぐに察知し、即座に店頭に反映できる店舗作りを今年以降行っていく予定です」

 また、靴下屋ではコロナ禍以前より店舗スタッフのSNS活用、インフルエンサー化にも積極的に取り組んでいる。

「全国の店舗スタッフに個人アカウントの運用をお願いしていますが、現在ではフォロワーが9.8万人いるスタッフも存在します。とくに運用に際して決まりごとなどは設けておらず、靴下にかぎらずファッションやその日に食べたランチ、自身が興味を持つことなどを好きに発信してもらっていますが、それが逆に共感につながっているのかもしれません」

Instagramのフォロワー数9.8万人を記録するまりんさん(@marin_vvv)のほかにも、1.5万人のフォロワーを有するNatsukiさん(@natsukabi)など、靴下屋では社内インフルエンサーの活躍が目立つ(※フォロワー数は2022年5月時点)

 社内インフルエンサーの活躍は、情報発信だけに留まらない。店頭で顧客の声を聞き、自身もファッションを楽しむ立場である視点から、直近では商品開発にも携わり、EC限定販売から店頭展開に広がったケースなどもあると言う。

クリックすると拡大します

「前出のNatsukiさんがプロデュースした靴下は、販売開始からわずか15分ほどで売り切れてしまうほど大きな反響がありました。Instagramの投稿を積極的に行ってくれている店舗スタッフにはファンがつき、たとえば所属店舗のリニューアル期間中に他店舗へ出勤する旨を告知すると、その店舗にわざわざ会いに来るお客様がいるほどです。越境ECでのインフルエンサー活用とは異なる軸ですが、今後も成功体験を活かしながら国内外の売場を盛り上げていきたいと考えています」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 木原 静香(キハラシズカ)

ECに関する情報を、さまざまな切り口からお届けできればと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11398 2022/06/23 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング