SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

インバウンドビジネス最前線

海外8言語15サイト制作可能な「Cafe24」で越境EC横展開を 国際物流のプロ・正代代表に聞く


 初期費用・運用費用ゼロ円のECプラットフォーム「Cafe24」。 越境ECの壁になっている国際物流のサポートもある。同社の代表取締役社長である正代誠さんは、元佐川急便で「国際物流」の事業に携わっていた経歴を持つ。「お客(事業者)様と共に成長する」という想いを第一に掲げる正代社長に、「Cafe24」が選ばれる理由について語ってもらった。

アパレル・コスメの越境EC横展開に選ばれる「Cafe24」

――ECプラットフォームは今、数々あると思います。「Cafe24」が他社と違うところは?

正代 一番のポイントは「初期費用無料」「運用費用無料」でしょうか。こう話すと、「販売した時に手数料がかかるのでは?」と思われがちですが、それもありません。私たちにとってのお客様であるEC事業者様が、EC業界の競合が激しい中で、利益確保をすることに苦労されているのは理解しています。ですから、お客(事業者)様をできる限りサポートしたいと思いから、「初期費用無料」「運用費無料」にてご提供しています。

 売上が上がっていくと同時に当社への販売手数料が発生しては、経費になってしまう。そうではなく、売上が上がったらその分だけショップの利益になっていく仕組みになっています。売上が上がるとコンサルティングサービスを提供し、そこで料金をとるビジネスもありますが、当社では無料のコンサルティングも行っています。

CAFE24 JAPAN株式会社 代表取締役社長 正代誠さん

――費用的面以外ではどのようなところが評価されていますか?

正代 Cafe24を選んだ理由として、テンプレートデザインのクオリティの高さを挙げられるお客様が多いです。130種類以上の無料のデザイン、有料のデザインを用意しています。アパレルや化粧品を扱うお客(事業者)様は、イメージを大切にされ、サイトデザインを非常に重要視しています。

 また、写真をランダムに置いていくと、その写真をAIが傾向に合わせて並べ替えてくれるという機能もあります。無料の自動翻訳サービスも機能としてご用意していますから、翻訳の心配も不要です。

 さらに、Facebookとデータ連携し、自社サイトの管理画面でFacebook、Instagram上に表示される商品を容易に管理する機能を提供しています。 Cafe24で構築した自社サイトに商品を登録すると、FacebookとInstagramに商品画像や詳細情報がリアルタイムで表示されるよう設定することができます。商品情報の修正や削除も、別途作業せずにすぐに反映されます。

無料のデザインテンプレート例
有料のデザインテンプレート例

――利用するEC事業者はどのようなジャンルが多いですか?

正代 やはりアパレル、コスメ系が非常に多いのが現状です。最近、増加傾向のあるのは、中国向けの越境ECで成功しているお客(事業者)様が、横展開の際にまたフルスクラッチでサイトを制作するには経費が掛かり過ぎるから、Cafe24をご利用いただくというパターンです。Cafe24は、ひとつアカウントを作ってしまえば、海外8言語15サイトを作ることができます。「越境ECにチャレンジしてみよう」と思ったら、テストマーケティング的にご利用いただくのも良いのではないでしょうか。

 当初は、海外展開しているお客(事業者)様に「海外サイトをCafe24に乗り換えませんか?」とのご提案をしていたのですが、今では「今ある海外サイトに加え、プラスワンとしてCafe24を利用しませんか?」とご提案することが多いです。海外用のサイトを作る場合でも、初期費用・運用費用は無料なのは同様です。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
海外物流のプロが代表に 前職のネットワークが強みに

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
インバウンドビジネス最前線連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

浦澤 修(ウラサワ オサム)

ライター・編集/株式会社オージャパン 代表取締役 浦澤修

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/10729 2022/01/24 19:38

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング