SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス

ものづくり企業の良さをテレビ×インターネットで広める メ~テレ「逸品ハンター」プロデューサーの挑戦

 世界的なものづくりメーカーが多数存在する東海地方。日本の技術をより多くの人に知ってもらえるよう、テレビとインターネットの力を掛け合わせて企業の支援を行っているのが、2022年に開局60周年を迎える名古屋テレビ放送株式会社(メ~テレ)だ。今回は、「ドデスカ!ドようびデス。(毎週土曜あさ6:30~)」で応援購入サービス「Makuake」を活用した企業支援コーナー「逸品ハンター」のプロデューサーを務める伊藤理さんに話を聞いた。

情報番組でものづくり企業のかっこ良さを伝える「逸品ハンター」

 メ~テレが長年オンエアしている朝の情報番組「ドデスカ!」。2021年4月より土曜日にも枠を拡大し、「ドデスカ!ドようびデス。」として、東海地方の旬な情報をさまざまな視点から届けている。

 そんな同番組内で1ヵ月に1回のペースでオンエアされているのが、地元企業が応援購入サイトMakuakeで発表した新商品の魅力やこだわりをレポートし、販売の成功を後押しするコーナー「逸品ハンター」だ。中国江蘇省生まれでアーティスト・タレントとして活動するJulieさんが、レポーターとして地元のものづくり企業に潜入。各社が持つ技術を使い、新たな切り口で生み出された製品のストーリーを伝えることで、それに共感した人々による応援購入を促進し、地元企業と新たな顧客との接点を生み出している。

 メ~テレの東京支社で営業部企画戦略チームに所属し、同コーナーのプロデューサーを務める伊藤さんは「逸品ハンターが生まれたきっかけは、2020年の秋頃」だと振り返る。メ~テレ内で「情報番組内のコーナー」かつ「地元貢献」をキーワードにした社内企画コンペが行われ、伊藤さんはMakuakeを活用した地元ものづくりメーカーのEC販売、越境進出支援の企画を提出。コンペを勝ち抜き、2021年6月からオンエアが始まっている状況だ。

メ~テレ 東京支社 営業部 企画戦略チーム 伊藤理さん

 さまざまな企業が自社ECを立ち上げたり、応援購入サービスを活用した販路開拓に挑んだり、「新たな売りかた」と向き合っている現在だが、伊藤さんはコロナ禍以前よりテレビ×ITでものづくり企業を支援する可能性に目をつけていたと言う。

「2017年にメ~テレが開局55周年特別イベントとしてハッカソンイベントを実施し、その模様を『メイキン クエスト』という特別番組でオンエアしたのですが、これも私の企画がコンペに通り、実現したものです。このハッカソンは『地元の伝統工芸をハックする』というテーマで実施しました。東海地方の伝統工芸品を会場に展示し、全国から集まったエンジニアやデザイナーが新たな技術を使ってそれらをパワーアップさせ、新たなお土産を生み出すことが趣旨のイベントです。

 当時は3DプリンターやIoTを活用した家電が世の中に出てくるなど、メイカームーブメントが生まれていました。自分は今東京にいて、こうした仕事をしているからこそ、テクノロジーやインターネットを活用した新たなものづくりや、ものの売りかたを知ることができていますが、こうした情報は地方にいるとなかなか手に入りにくいのも事実です。私自身、愛知県出身で家族や友人・知人にもメーカーで働く人が数多くいます。彼らのかっこ良さやものづくりの魅力をテレビの訴求力とインターネットの利便性をかけ合わせて広く世に伝えていきたい。そう考え、さまざまな切り口で企画を考えています」

 逸品ハンターの直近のオンエア(2021年10月23日)では、三重県大台町で赤ちゃん肌着を製造するソフトママ有限会社が幻のオーガニックコットン「アルティメイトピマ」を使った大人用のTシャツ作りにチャレンジする様子を紹介している。

2021年10月23日オンエア メ~テレ「逸品ハンター」動画。
同動画内で紹介されているTシャツは、2021年11月23日までMakuakeで応援購入を受け付けている

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
地方局だからこそ実施できる 地元企業の課題に寄り添うオンラインセミナー

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 木原 静香(キハラシズカ)

ECに関する情報を、さまざまな切り口からお届けできればと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/10258 2021/11/16 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング