SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Autumn

2024年8月27日(火)10:00~19:15

ITP

読み:アイティーピー
正式名称:Intelligent Tracking Prevention(インテリジェント・トラッキング・プリベンション)

記事更新  

 ITPとは、「Intelligent Tracking Prevention」の略称で、Appleがプライバシー保護を目的に、2017年よりウェブブラウザ「Safari」に搭載した、Cookie規制とトラッキングを防止する機能のことを指す。スマートフォンデバイス(iPhone)のみならず、iPad、Macなど、Apple製品で主に使われるブラウザ「Safari」を利用するユーザーは、ITPによるプライバシーの保護がなされている。

 ITP対応の背景には、サードパーティCookieの規制が存在する。2017年9月に実施された「ITP1.0」では、サードパーティCookieの有効期間(最後のインタラクションから24時間)と、削除期間(30日)を定め、その後、四つ以上のドメインからリダイレクトされているファーストパーティCookieを制限するITP2.0、JavaScriptにより生成されたファーストパーティCookieの削除期間を定めたITP2.1・ITP2.2、特定の条件下におけるストレージデータの削除期間を定めたITP2.3とアップデートを重ねてきた。そして、2020年にはサードパーティCookieそのものの制限に至っている。

 ITPによるCookieやストレージデータの制限は、効果計測やユーザーに対する正確な広告配信などが困難となるため、ECサイトを運営する企業にとっても影響が大きい。適切な顧客像の把握ができず、広告の費用対効果の低減が懸念されるため、EC運営や広告に携わる人々は、ファーストパーティデータ活用やCookieに頼らないパーソナライズの方法を模索することが求められる。なお、既にGoogleがサードパーティCookieの代替案としてプライバシーサンドボックスを提案するなどの動きが見られている。

同じカテゴリの他の用語

「広告」カテゴリの用語一覧へ

ITPに関連するおすすめ記事

用語集TOPへ

Special Contents

AD

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年8月27日(火)10:00~19:15

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング