記事種別

揺れ動く運用型広告のありかた 要となるのはビジネスの土台固め

定点観測03 運用型広告
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。アナグラム田中さんに、運用型広告について聞きました。 ※本記事は、2021年6月25日刊行の『季刊ECzine vol.17』に掲載したものです。

レスポンシブ検索広告が新登場 Yahoo!広告の運用効率化に着手しよう

 今回最初に紹介するのは、Yahoo!広告で5月12日より提供を開始した「レスポンシブ検索広告」について。同広告ではタイトル・説明文を構成するテキスト(アセット)を複数設定し、自動的に組み合わせた上でさまざまな広告文の表示テストを実施。その上で最適な広告が表出される仕組みとなっている。

「最大入稿件数はタイトル15件、説明文4件となっていますが、最低でもタイトル3件、説明文2件を入力すれば配信可能です。Google広告ですでにレスポンシブ検索広告を利用している場合は、違和感なく入稿作業も行えるでしょう。最適なタイトルと説明文の組み合わせを表示させるには、広告システム側の学習が必要です。取り組みが早いほど成果につながりやすくなりますので、すでにYahoo!広告を利用している方にはぜひ試していただきたいです」

 レスポンシブ検索広告のアセット入稿にあたっては、どの組み合わせになっても違和感のない表現を気にかける必要がある。タイトルと説明文をひとつずつ組み合わせた際に文言が重複していないか、内容に齟齬や不足がないか確認した上で入稿し、長期的なスパンで成果を見ることも忘れてはならない。

「出稿してすぐに成果が出ない可能性もありますが、検索語句と広告文の関連性や広告掲載時のデバイス、掲載面などを判断し、自動で最適化を進めてくれるのが同広告の利点です。広告効果が見えるまでは辛抱強さも必要ですが、使える技術は使い倒して自らの作業を楽にすることも効率的な運用術のひとつと言えます」

この記事は、紙の定期購読誌『季刊ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:季刊ECzine vol.17定点観測

もっと読む

2018年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5