SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.16定点観測

顧客始点の最適化が鍵に 運用型広告でできるCX向上

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。アナグラム田中さんに、運用型広告について聞きました。 ※本記事は、2021年3月25日刊行の『季刊ECzine vol.16』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

安全性を確保する広告審査 改めて表現の再確認を

 2021年初回の定点観測。田中さんは運用型広告のトピックとして、まずは「Google 広告とYahoo ! 広告で開始している新たな広告審査の取り組みを紹介したい」と語る。

「Google 広告においては、1月25日付で『ビジネス オペレーションの適格性確認の要件』が更新されています。これはビジネスモデルが不明瞭な広告主に対して、ユーザーに身体的もしくは金銭的な損害が及ぶ可能性がないかどうか、広告やビジネス手法の適格性を確認するものです。Google 広告のアカウントが適格性確認の対象となった場合は、広告主による確認手続きとそれに対するGoogleの審査を終えるまで、アカウントは一時停止の状態となります。日本で真っ当なECビジネスを行っている企業・ブランドであれば、これらに該当することはないはずですが、 もしGoogleから適格性確認に関する通知があった場合はきちんと対応を行いましょう」

 Yahoo!広告では、2月8日より過去の違反実績を踏まえた広告審査が始まっている。同審査は商品ごとに実施され、重大な違反表現が認められた場合は該当商品の広告掲載が不可となる。一度違反認定をされると、表現の訂正をした場合も広告掲載ができなくなってしまうので注意が必要だ。

「重大な違反表現の要件としては、『明らかな虚偽、誇大広告』、『重大な健康被害の恐れのあるもの』、Yahoo!JAPAN 広告掲載基準への重大な違反とヤフーが判断する表現』の3つが挙げられています。競合が多いコスメや薬機法が絡む健康食品などのジャンルを扱うECで、訴求力を高めるために日々表現の磨き込みを行っている場合は、よりいっそう注意を払う必要があると言えるでしょう。いずれにせよ、法令を遵守し顧客始点で有益な情報を提供する広告を出稿している場合は、大きな心配をする必要はありません」

 デジタル上での購買活動が盛んになるにつれ、広告を悪用して既存ブランドを装った出稿を行い、違法に個人情報を収集するといった事件が発生するなど、広告の信頼性担保は各社の課題となっている。今回2社が行う施策は、こうした被害を食い止めるための対応策と言えるだろう。正しくビジネスを行う企業・ブランドにとっては、違法広告が駆逐されることで、より自社の広告で適切な成果を上げることが可能となる。信頼性の高い広告が出現するプラットフォームという認識がユーザーに根づけば、広告のクリックも増え、よりメリットを享受しやすくなるはずだ。

「企業・ブランドにとって、マイナスな要素はほぼないと言えますが、アフィリエイターを活用してYahoo!広告の出稿を行っている場合は、違反表現について周知させるなど改めて連携を図ることが必要です。企業・ブランドが表現に細心の注意を払っていても、アフィリエイターが違反表現をしていると、該当商品でその後の広告出稿が不可能となってしまう可能性があります。出稿主ではなく、商品ごとに広告出稿制限が課せられるという認識を持ち、きちんと統制をとりましょう」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
検索語句レポートの表示制限 テクノロジーによる最適化も視野に

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.16定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 木原 静香(キハラシズカ)

ECに関する情報を、さまざまな切り口からお届けできればと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/8906 2021/03/16 11:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング