記事種別

なぜDIFFERENCEはリピートされるのか リッチな体験と利便性を両立させたコナカの挑戦と信念

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2019/10/07 07:00

 コナカのオーダースーツブランド「DIFFERENCE」が3周年を迎える。 成功の秘訣は、顧客体験の重視にあった。※本記事は、2019年9月25日刊行の『季刊ECzine vol.10』に掲載したものです。  

 スマートフォンの登場後、日本でもテクノロジーを活用したオーダースーツブランドがいくつか出てきたが、「その名を知られている」ではなく、「顧客が何度もリピートしている」という意味で定着しているブランドはそう多くないのではないか。

 そんななか、誰もが知る「紳士服コナカ」が営む「DIFFERENCE」は、2019年9月で3周年を迎える異色の存在だと言える。老舗企業がいかにテクノロジー等を活用し、新規事業であるDIFFERENCEを成功に導いたのか。リピートにつながる顧客とのコミュニケーションとは。本事業のゼネラルマネージャーである、中嶋傑さんにお話を聞いた。

株式会社コナカ ディファレンス事業本部 ゼネラルマネージャー 中嶋傑さん

オーダースーツの時代が来る10年前の先見の明

 大手紳士服専門店のコナカが展開するオーダースーツブランド「DIFFERENCE」にEC業界の注目が集まっている。実店舗ファーストで既製服のスーツを提供してきた同社だが、3年前に立ち上がったDIFFERENCEは、実店舗とアプリの両輪を備え、初回のみ実店舗でプロのテイラーによる採寸を受ければ、2着目以降は初回のデータをもとにアプリでスーツのカスタムオーダーができるという仕組みだ。

 クリエイティブディレクター 佐藤可士和氏がトータルプロデュースした実店舗でのリッチな体験と、テクノロジーによる利便性を掛け合わせたDIFFERENCEは、いまキーワードのひとつとして注目される顧客体験(Customer Experience:CX)を実現した、日本企業の数少ない成功例として、各所で紹介されている。

 ブランドのローンチは3年前だが、コナカがそこに目をつけたのはもっと早かった。紳士服業界の内外で「オーダースーツ=敷居が高い」というイメージは根強く、売上のほとんどを既製服が占めていた約10年前から「オーダースーツの時代が来る」と予感していたのは、同社の湖中社長だ。

 「敷居の高いオーダースーツを誰もが簡単に楽しめるブランドがあったらおもしろいのでは?」と長年温めていたオーダースーツビジネスの構想をいよいよ実現させるために、当時コナカのゼネラルマネージャーとして東京23区、神奈川、埼玉を中心に店舗を統括していた中嶋傑さんをDIFFERENCEのブランドマネージャーとしてプロジェクトをスタートさせた。

この記事は、紙の定期購読誌『季刊ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:季刊ECzine vol.10特集「Change to EC First~売るを変えるとビジネスが変わる~」

2019年01月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5