SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.07特集「キャッシュレスのゆくえ~決済でコマースは変わるのか~」

Amazon Payが示す これからの決済の可能性

 オンラインだけでなくオフラインにも顧客との接点を広げるAmazonが、決済を通じて成し遂げたいことは、一体何なのだろうか。※本記事は、2018年12月25日刊行の『季刊ECzine vol.07』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

“コネクテッド・コマース”を実現するための「Amazon Pay」

 2018年8月、決済サービス「Amazon Pay」が、実店舗でのスマートフォン決済にも対応を開始。日本の実店舗におけるスマホ決済サービスの領域に参入したAmazon は今後、国内で決済事業をどのように展開していくのか。Amazon Payを実店舗での決済にも対応させた理由やこれからの決済の可能性について、Amazon Pay 事業本部 本部長の井野川拓也さんに話を聞いた。 

アマゾンジャパン合同会社 Amazon Pay 事業本部 本部長 井野川拓也さん
アマゾンジャパン合同会社 Amazon Pay 事業本部 本部長 井野川拓也さん

 Amazon Payでは現在、場所やデバイス、販売チャネルを問わずにスムーズに買い物ができる環境を整え、顧客の購買体験の利便性を向上させる「コネクテッド・コマース」戦略をグローバルで推進している。

「AmazonはECでスタートしたので、PC、スマホといったオンラインで商品を販売しているというイメージを持たれる方も多いと思います。いまでは品揃えが広がり、PrimeMusicやPrime Videoなどのデジタルコンテンツや、クラウドベースの音声サービス『Amazon Alexa』が搭載されているAmazon Echoシリーズなどのデバイスの提供に加え、アメリカでは『Amazon Books』や『Amazon Go』などの実店舗も展開しています。日々のお客様の生活を考えると、オンラインでお買い物をされることももちろんあると思いますが、実店舗を利用されることもとても多いはず。オンラインだけでなく実店舗での決済にも対応を開始したことで、お客様がAmazonPayを使ってお買い物いただけるシーンが増えました。このようにAmazon Payでは、お客様の身近にあるタッチポイントを活用した利便性の高いお買い物体験を提供するための『コネクテッド・コマース』に取り組んでいます」

 Amazonアカウントに登録されたクレジットカード情報や配送先情報を使い、Amazon以外の ECサイトで簡単に決済が行えるサービスとしてスタートした「Amazon Pay」。国内では2015年からEC事業者を対象に提供しており、およそ3年で数千社が導入している。

 このAmazon Payが、今年の8月から実店舗でのスマートフォン決済にも対応を開始。顧客があらかじめスマホなどにダウンロードしたAmazonショッピングアプリに二次元コードを表示し、その二次元コードを店舗が専用タブレット端末で読み込むことで決済が完了する。2018年11月末時点では、全国の数百店舗でAmazon Payによる決済ができる。

 現在、Amazon Payによる実店舗での決済では、NIPPON Tablet社のタブレット端末を使う。個人経営の小売店や飲食店などは、クレジットカードや電子マネーによる決済に対応していないレジを使用しているケースもあり、同社はこうした「レジ未更新市場」が120万店舗以上にのぼると推計。NIPPON Tablet社がタブレット端末を無償で貸し出し、決済手数料を2020年末まで無料にすることで、こうした中小規模の事業者によるキャッシュレス化の推進を支援している。

 Amazon Payを実店舗での決済にも対応させた理由について、井野川さんは次のように説明する。

「それはAmazon Payを通じて、お客様とAmazonのタッチポイントを拡大していくことが目的です。Amazonアカウントひとつでお買い物ができる小売店が増えれば、Amazonのお客様にとって、ショッピングがより便利になります。そうなれば、Amazonを利用するお客様がさらに増えるはずです。こうして事業として成長することで、より適正な価格でサービスを提供できるようになり、お客様の満足度をさらに高めることへと繋がります。こうした循環を生み出すピースのひとつとして、Amazon Payを実店舗での決済にも対応することが必要だという判断に至りました」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
最短2タップで決済 操作はできるだけ簡単に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
季刊ECzine vol.07特集「キャッシュレスのゆくえ~決済でコマースは変わるのか~」連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ライトプロ株式会社 代表取締役 渡部和章(ワタナベ カズアキ)

新聞社で約7年半、記者を務めた後、2015年に編集プロダクションのライトプロを設立して代表に就任。編集者兼ライターとしても活動中。趣味は料理と漫画を読むこと。東京都在住。1983年生まれ。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/6275 2019/09/13 12:03

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング