SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

書籍『売れるECサイトのすごい仕掛け』特集

累計320万足突破! マルイのラクチンきれいシューズ

 マルイが2010年に発売した「ラクチンきれいシューズ」は、おしゃれと履き心地を 両立させた商品として、これまでのレディースシューズ市場を一変させた。 このヒットの背景には、同社がかねてより整備していたECとの連動体制も一役を担っていた。※本記事は、書籍『ECzine 売れるECサイトのすごい仕掛け』(翔泳社)に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

 女優・松雪泰子さんのCMでおなじみの、マルイが製造販売する「ラクチンきれいシューズ」。販売開始から6年で累計320万足を突破。ヒットの背景には、靴業界の常識ではありえなかった「手頃な価格」「おしゃれ」「履き心地」「サイズ」の4つを兼ね備えた商品を作り上げたこと、そして販売当初からオムニチャネルで売っていくことを想定して商品を作っていたという、理由があった。

顧客の声を聞き、商品開発
難しいからこそ、実現できたら喜ばれる

ラクチンきれいパンプス。
販売から6年で累計320万足突破の人気シューズの一種。顧客の声をもとに共創。
「手頃な価格」「おしゃれ」「履き心地」「サイズ」を兼ね備えている。

 本インタビューに答えてくれたのは、マルイのオムニチャネル推進課課長である木村真帆さん。マルイのプライベートブランド婦人靴「ラクチンきれいシューズ」が大ヒットする以前から、同社の靴のマーケティングにかかわってきた。

 2010年1月にデビューした同ブランド。「お客さまと一緒に作りました」のキャッチフレーズどおり、顧客の声をもとに開発した商品だが、その発想は2007年にオープンした、実店舗「有楽町マルイ」に遡ると言う。

 「それまでマルイは、トレンドを好む若い女性のお客様が多かったのですが、有楽町マルイは30〜40代の女性にもご利用いただきたいと考えました。そこでその年代の方たちのニーズをきちんと把握しようと、何回もお客様座談会を開き、フロアごとのコンセプト、商品の品揃え、接客サービスなどあらゆることを、実際にお声を聞いて店を作りました。ここから会社全体でお客様と一緒に作る『共創』の取り組みが始まりました」

 マルイでは、独自のクレジットカード「エポスカード」を発行し、ECのデータベースも整備されている。商品開発のため頻繁に企画される座談会では、こうしたデータなどを活用することで、さまざまな層の消費者を招待することができると言う。

 マルイはすでに、スーツ、バッグ、靴などのプライベートブランドを展開していたが、とくにニーズが高かったのが靴だったため、ラクチンきれいシューズの商品開発が始まった。

 「お客様の声を聞くと、9割が『履き心地』に悩んでいることがわかりました。ファストファッション全盛期でもあったので、『手頃な価格』『おしゃれ』『履き心地』の3つを兼ね備えた商品ができれば、喜んでいただけるのではないかと考えたのです」

株式会社丸井
オムニチャネル事業本部 オムニチャネル推進課 課長
木村真帆さん

 しかし、そんな理想的な靴は安々とは実現できなかった。

 「お客様に3つのコンセプトを伝えると、『そういうものをずっと探していますが、実際にはそんな靴、ないと思いますけど!』といった声が返ってきました。靴業界の方からは『履き心地よりデザインや価格を優先したほうが売れる』と言われました。それでも、お客様から『そんな靴があったら毎シーズンでも欲しい!』という声をいただき、実現できたら喜んでいただけるはずだと、当時の開発メンバーは確信を持って進めていくことになりました」

 商品開発メンバーは、本商品開発のためにバイヤーだけでなくシューズ事業以外の担当など、多様なメンバーが集められ、進んでいった。

 「これからもっとネットでの販売に力を入れていかなければと考えていた時期でもあり、商品開発時から、お客様が店でもネットでもお買い物いただけることを想定していました」

 マルイでは、オムニチャネルの基盤となる「店舗とECの在庫連携」「会員IDの統合」は2009年に済ませ、リアルとネットの相互送客を行ってきた。2017年1月時点で、「ECがあるとネットにお客様をとられる」といった発想をする販売員はゼロに近い、と木村さんは言う。

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
すべての人に喜んでいただく 中心サイズ以外も揃える

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
書籍『売れるECサイトのすごい仕掛け』特集連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/4655 2019/09/11 17:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング