記事種別

ニールセン、日本のネットサービス利用者数ランキングを発表 スマホ利用ではInstagramが9位に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/12/26 16:10

 視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタルは、「ニールセン デジタルコンテンツ視聴率(Nielsen Digital Content Ratings)」、スマートフォン視聴率情報「ニールセン モバイル ネットビュー(Nielsen Mobile NetView)」のデータをもとに、2018年の日本におけるトータルデジタルとスマートフォンでのインターネットサービス利用者数ランキング、「Tops of 2018:Digital in Japan」を発表した。

 2018年におけるトータルデジタルでのリーチ(利用率)TOP10サービスをみると、Yahoo!Japanがもっともリーチが高く54%(6,743万人)で1位となり、次いでGoogleが同じく54%(6,732万人)、3位はYouTubeで50%(6,276万人)となった。

 スマートフォンからの利用者数TOP 10サービスでは、そのうち9つのサービスでは、昨年から引き続いて利用者数が増加。1位~4位のサービスの順位は昨年と変わらず、1位は「Google」、2位は「Yahoo!JAPAN」で両サービスとも利用者数が6,000万人を超えていた。昨年はTOP10圏外だったInstagramは9位にランクインし、TOP 10の中では増加率はもっとも高く39%となった。

 スマートフォンアプリでも、引き続き利用者数増加の傾向が見られ、TOP 10サービスのうち8つでは2桁の増加率となったが、顔ぶれは昨年と大きな変化は見られなかった。スマートフォンアプリの中で6年連続で利用者数がもっとも多いLINEは、2018年も順調に利用者数を伸ばし、今年に入り利用者数は5,500万人を超えた。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2015年12月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5