記事種別

ヤフオク!、アプリからの利用者が270万人増、アプリ利用率は44%に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2016/02/26 10:00

 アプリ「Yahoo!乗換」が好評のYahoo!だが、「ヤフオク!」もアプリからの利用が増えているようだ。

「オークション/フリマ」でもスマホシフトが鮮明に

 ニールセンは、2016年1月のデータをもとに、オークション/フリマサービスの利用状況を分析した。以下のグラフは、オークション/フリマサービス全体のPCとスマートフォンからの利用者数と、ひとりあたりの利用回数の3年間の推移だ。PCは減少し、スマートフォンは大きく増加している。

各デバイスからのオークション/フリマサービス利用者数およびひとりあたりの利用回数
各デバイスからのオークション/フリマサービス利用者数およびひとりあたりの利用回数

 2016年1月時点では、昨年同月比でPCは5%減少、スマートフォンは利用者数を10%増やし2,656万人となった。これはスマートフォン利用者の47%にあたる。ひとりあたりの利用回数をみると、PCは横ばいであるのに対してスマートフォンは増加傾向となり、2016年1月時点ではスマートフォンからの利用回数はPCからの約3倍となっている。

スマホ利用が多いのは「ヤフオク」と「メルカリ」

 スマートフォンから最も利用者の多かったサービスは「Yahoo! オークション(以下ヤフオク)」で1,768万人。ヤフオクの利用者数は昨年同月比ほぼ横ばいで、アプリからの利用者に着目すると270万人増加、2016年1月ではアプリからの利用率は44%となった。2位は「メルカリ」で、1年間で434万人増加して2.1倍に利用者数を伸ばし、816万人になった。また、メルカリはアプリからの利用者が全体の95%を占めた。

スマートフォンからの各サービスの利用状況 2016年1月
スマートフォンからの各サービスの利用状況 2016年1月

 アプリ利用者の年代別利用者数を見ると、両サービスともに全世代でアプリからの利用者を伸ばしているなかで、ヤフオクは40歳以上の利用者数が多く383万人。メルカリは29歳以下の利用者数が最も多く356万人となった。各年代の増加率でみると、両サービスともに40歳以上が最も高くなっている。また、図示はしていないが、ヤフオクでは40歳以上の67%が男性で、メルカリでは29歳以下の68%が女性となっている。

アプリ利用者の年代別利用者数 2015年1月 vs. 2016年1月
アプリ利用者の年代別利用者数 2015年1月 vs. 2016年1月

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2015年12月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5