SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

ECzineニュース

STORES、Shopify×POSレジ連携でオムニチャネルCRMを実現できるロイヤリティ機能を提供

 STORESは、「STORES ロイヤリティ for Shopify」の提供を開始した。

 同サービスは、Shopifyで構築されたネットショップとあらゆるPOSレジを連携し、「ネットショップと店舗の共通ポイントプログラム」や、「購買金額に応じた会員ランク設定」など、オムニチャネルでのロイヤリティプログラムを実現するもの。これにより、独自の店舗アプリを用意せずとも、オムニチャネルCRMや顧客一人ひとりの購買行動に合わせたOne to Oneマーケティングが可能となる。

「STORES ロイヤリティ for Shopify」で実現できること

あらゆるPOSレジとShopifyを連携

 「STORES ロイヤリティ for Shopify」は、スマレジをはじめとした、国内外のさまざまなPOSレジとShopifyを連携可能にする。現在連携していないPOSレジの場合も、STORESが提供するAPIを用いることで連携できるようになるという。

多彩なロイヤリティプログラムを設計

 顧客ごとの「会員情報」や「購買履歴」をもとに、ネットショップと店舗の「共通のポイント」や、購買金額に応じた「ランク判定」など、会員特性に合わせた「ロイヤリティプログラム」の設計、導入ができるようになる。

売上・注文情報を一元管理・分析

 Shopifyのマイページに会員バーコードを表示し、会計時にPOSレジで読み取ることで、POSレジの購買データをリアルタイム連携。Shopifyの管理画面から、売上・注文情報をまとめて把握・分析できる。

顧客情報をオンライン・オフラインで一元管理

 ネットショップ・店舗の顧客情報を「STORES ロイヤリティ for Shopify」で統合。これにより、Shopifyマイページから店頭購入を含む顧客のすべての購買履歴が確認可能となる。また、一元化された購買履歴を活用し、顧客ニーズに合わせたマーケティング活動も実現できるようになる。

 なお、STORES ロイヤリティで構築したプログラムを用いて、Shopifyと標準連携したモバイルアプリを構築し、ユーザーに対してさらにパーソナライズされた体験を提供することも可能だという。

 STORESネットショップ向けの機能提供は、2024年6月末を予定しているとのこと。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/14583 2024/04/15 08:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング