SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

アシスト店長とRecustomerが連携 複数モールや自社カート経由の返品・交換を一元管理

 購入体験プラットフォーム「Recustomer(リカスタマー)」を運営するRecustomer株式会社は、ネットショップ支援室が運営するクラウド型EC一元管理システム「アシスト店長」と提携を開始した。

アシスト店長連携強化の概要

 これまでは、カートシステムとRecustomerの連携により返品・交換の自動化が実現していた。しかし、カートシステムとの連携では返品・交換自動化の対象が自社ECの受注のみに限られてしまうという課題があった。

 今回の連携で、アシスト店長上にある受注伝票や商品データを参照して返品・交換の自動化が可能に。これにより、自社ECに加えて楽天市場やYahoo!ショッピングなどのECモールの返品・交換作業の自動化および、返品・交換リクエスト受付・管理の一元化が可能となった。

 具体的には、次の4点が実現するという。

スムーズな返品・交換体験による、顧客満足度の向上

 カートやモールの種類に関わらず、購入者は注文番号といくつかの質問に答えるだけで、簡易に返品・交換申請ができるように。また、返品ポリシーに沿う申請は自動で承認され、簡易な操作で集荷の手配が可能となる。

返品・交換受付・管理の一元化による、オペレーションコストの削減

 従来、複数モールや自社ECサイトなどの販売チャネルごとに返品・交換申請の受付が分散していたが、Recustomerの利用により、販売チャネルを問わずに返品・交換の受付から管理まで一元化が可能に。これによりオペレーションコストの削減が図れる。

返品・交換作業受付自動化による、問い合わせ対応時間の削減

 Recustomerを導入により、返品申請の受付〜返品承認・拒否の判断〜交換商品在庫確保・伝票発行までを自動化。問い合わせ対応の時間を大幅に削減できる。

返品データ分析による、返品率の改善

 Recustomer 返品・キャンセルの「返品データ分析機能」は、返品率をはじめとして、SKUごとの返品・交換理由、返金と交換の割合などが計測・可視化できるため、同機能の利用により、ECサイトや返品率の改善、生産計画マーケティング施策、商品企画へ活用できる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/13731 2023/11/01 08:30

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング