SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

スマレジ、「出版物バーコード読み取り機能」を提供開始 有隣堂全店40店舗にて4月5日より順次導入

 iPadなどのタブレットを利用したクラウドPOSレジ「スマレジ」を展開する株式会社スマレジは、書籍や雑誌の「出版物バーコード読み取り機能」の提供を開始した。

 また、提供開始にともない、有隣堂全店40店舗にて、スマレジ合計264台の導入も決定した。2022年4月5日より有隣堂アトレ川崎店から開始し、7月末までに順次全店へ導入予定となっている。

 「出版物バーコード読み取り機能」は、書籍や雑誌で使用されているバーコード(『書籍2段バーコード』と『雑誌用のバーコード』)を読み取る機能。

 今後は、「スマレジ」を導入した書店では「スマレジ・アプリマーケット」内にあるさまざまなアプリ機能の追加や、ほかシステムとの連携も可能となる。コロナ禍でニーズが増加しているセルフレジ、キャッシュレス決済といった機能の導入・運用もスムーズに行える。

 また、同社が提供する「スマレジ・アプリマーケット」内にて、書店やデベロッパーが連携アプリを開発することが可能となるため、今後さらなる機能拡張も見込まれている。

 有隣堂では2021年4月より複数社から提案を受け、比較検討をしていくなかで、「スマレジ」で行えるさまざまな外部システムとの連携や機能追加を柔軟かつ迅速に実施していることを評価し、導入を決定。

 また、「スマレジ」はクラウド型サービスであり、タブレット端末とインターネット環境があれば利用することが可能なため、導入および運用コストが抑えられることも採用理由のひとつとのこと。

有隣堂アトレ川崎店
有隣堂アトレ川崎店

 有隣堂は今後、既存のレジシステムからの切り替えを終えたあとは、同社が運営する飲食店やアパレルなどのほかの業種への導入を検討しているという。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11231 2022/04/03 20:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング