SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

ジェイグラブとJTB、オムニチャネルによる越境EC販売代行サービス開始

 越境ECベンチャーのジェイグラブとJTBが協業し、中小事業者が手軽に海外向け販売を始められるよう、越境ECモール出店とJTB海外店舗内のショールームストアを活用したオムニチャネルによる日本製品の越境EC販売代行サービス「j-Grab Mall(ジェイグラブモール)」を開始した。

 第1弾として、2022年3月下旬から、シンガポールの繁華街オーチャードエリアに位置するシンガポール高島屋に店舗を構えるJTB るるぶギフトショップ(高島屋店)で、商品サンプル展示とオンラインによる注文販売を行うショールームストアを運用する。

 j-Grab Mallは、東京都が支援する「令和3年度海外向けECモールモデル構築事業」にも採択されているという。

 出店事業者は、同サービスの利用により、商品説明を外国語に翻訳したり、海外に発送したりすることなく国内取引で完結し、海外への販路を創出できる。サービス設計にあたり、要望調査を行った日本製品を製造・販売する事業者30社が、2022年3月1日のサービスインと同時に出店する。

 今後は、在庫の少ない事業者や、海外販売で難しいと言われる冷蔵・冷凍食品の販売、特にコロナ禍による外食需要減にともなう食品ロス解消といった社会課題を解決するため、小規模事業者や製造業者などを優先的にサポートする。

 同サービスの特徴は、次のとおり。

日本語だけでOK 越境EC モールへの販売代行サービス

 事業者は日本語の商品情報を提供するだけで「j-Grab Mall」へ出品できる。また、日本好き外国人170万人が集うFacebookページ『JAPAN CRAZE』やInstagramを活用したインフルエンサー販促などのプロモーションサービスもワンストップで利用可能。

在庫管理から配送まで自動化できる「フルフィルメント・サービス」

 事業者は商品在庫を国内の指定倉庫に置くことで、梱包から海外配送までの物流業務を委託できる。貿易事務をはじめとした国際物流業務、インボイス発行、国際伝票や税関告知書の作成などは一切不要。

海外のショールームストアでも展示販売

 JTB海外店舗がj-Grab Mallのショールームストアとなり、海外消費者に商品とのリアルな接点を提供。

 たとえば、化粧品であれば実際につけて試せるテスターを利用のうえ、QR コードのリンク先の「j-GrabMall」からオンラインで購入可能。事業者は海外のユーザーにオムニチャネルでの購買体験を提供できる。

冷蔵・冷凍食品も販売可能

 ショールームストアに設置する冷蔵冷凍庫で商品を一時保管。ユーザーは店舗でも商品を受け取れる。

今後の展開

技術的な展開

 海外で過去に売れていた商品のビッグデータを活用し、ジェイグラブ越境ECコンサルタントが海外販売価格を予想。

 2022年6月には、j-Grabショールームストア専用のアプリを導入する。ショールームストアに展示されている商品のQRコードをアプリで読み込むだけで商品説明と販売画面に遷移し、その場で購入できる。読み込んだ商品は閲覧履歴に残り、いつでもアプリから商品情報にアクセスして再購入できるように。ジェイグラブからのお知らせをプッシュ通知したり、アンケートに答えると商品購入時に利用できる割引クーポンを提供したりする機能も備えるとのこと。

 また、閲覧・購入データをAI分析して販売事業者に提供することや、ショールームストアでの行動分析を実施して1日にどの程度商品が見られたか、回遊していたのかなどのAI分析データの提供も検討している。

ユーザーの拡大

 2022年度中に、ショールームストアはJTBシンガポール、台湾で複数回、期間限定で実施予定。2023年度以降は、国や地域を拡大して展開するとともに、常設のショールームストアの開設も視野に入れている。 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11077 2022/03/01 11:45

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング