SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECで困ったらまずこの1冊!ECzine編集部がおくるEC駆け込み寺~今さら聞けないオムニチャネル~(PR)

逸見さんとGMOメイクショップが提案する 中小EC事業者が知っておきたいオムニチャネルの始めかた

 カスタマイズできるクラウドECとしてGMOメイクショップが提供を開始した「MakeShop エンタープライズ」は、柔軟なカスタマイズにより多様なニーズに対応できる。そのひとつが、オムニチャネルへの対応だ。同社のオムニチャネルスーパーバイザーを務める逸見光次郎さんと、ソリューション営業部部長の笹崎淳史さんにお話を伺った。

逸見さんがGMOメイクショップのスーパーバイザーに
「世の中全体が早く変わる」ために

 カートASP「MakeShop」でおなじみのGMOメイクショップでは数年来、オムニチャネル支援に注力している。2018年7月には、オムニチャネルコンサルタントの逸見光次郎さんが同社のオムニチャネルスーパーバイザーに就任。業界の注目を集めた。さまざまな企業でオムニチャネルを推進してきた逸見さんは、昨今のオムニチャネルの動向をどのように見ているのだろうか。

「お客様にとって、ネットとリアルを行き来した買い物はすでに当たり前になっています。オムニチャネルという言葉は認識していなくても、たとえばスマホから最寄りの店舗取り置きで商品を注文する、SNSで友だちが勧めている商品を見て店舗へ買いに行くといったことがごく普通に行われています。それに対して、事業者側がまだ十分ついていけていないのが現状です。特に小規模な事業者では、ECと実店舗を連携したいと思っていても、現実的にコストや手間の問題でなかなか難しいケースが多いでしょう」

オムニチャネルコンサルタント/ GMOメイクショップ株式会社 オムニチャネルスーパーバイザー 逸見光次郎さん

オムニチャネルコンサルタント/GMOメイクショップ株式会社 オムニチャネルスーパーバイザー 逸見光次郎さん

 MakeShopのユーザーは、比較的中小規模の事業者が多い。それが、逸見さんが同社のオムニチャネルスーパーバイザーを引き受けた決め手のひとつでもあるそうだ。

「少数の大規模な事業者さんよりも、たくさんの中小規模の事業者さんをサポートすることで、どんどんオムニチャネルにシフトしていただいたほうが、世の中全体が早く変わるだろうと思っています」

「一気に強化しようとすると無理が出る」
経営層と現場で最初に整理しておきたい3つのポイント

 規模の大小にかかわらず、オムニチャネルを推進する前に、「経営層と現場でそれぞれ取り組まなければいけないことがある」と逸見さんは指摘する。

 経営層に求められる条件はふたつあり、ひとつは「単品管理」をきちんと行うことだという。当然これは、チャネルを問わず全社の商品マスタが統合されていることが前提となる。そのうえで、ロケーション情報なども含めた正確な在庫管理を行い、各商品のスペックやオススメ情報なども整えておく必要がある。

 もうひとつは、適切な「評価軸」を定めること。たとえば、店舗部門にとってEC への送客が何の評価にもつながらなければ、店舗のスタッフは積極的に送客しようとはしないだろう。経営層は、組織横断的な取り組みを推進するような評価軸を準備しておかなければならない。

 そして、現場に対して求められるのが「既存顧客をよく理解する」ということだ。自分たちの顧客は、どんなことに困っているのか。どんな商品を、どのように買ってくれているのか。実店舗とECそれぞれで得られる情報を整理・分析して理解することが重要となる。

「オムニチャネルに取り組むにあたって、全チャネルを一気に強化しようとしても無理があります。そこでつまずいてしまう事業者も少なくありません。自社のお客様の傾向が理解できていれば、たとえば『スマホからの購入が多いので、まずアプリまわりから整備する』といったように、優先的に取り組むべきところも見えてきます」

次のページ
ASPで足りない部分だけを追加開発する 「MakeShopエンタープライズ」 短期間でオムニチャネル対応を実現

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECで困ったらまずこの1冊!ECzine編集部がおくるEC駆け込み寺~今さら聞けないオムニチャネル~連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

萩原 敬生(ハギワラ タカオ)

ライター。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/6523 2019/06/01 21:46

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング