SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECで困ったらまずこの1冊!ECzine編集部がおくるEC駆け込み寺~今さら聞けないオムニチャネル~(PR)

逸見さんとGMOメイクショップが提案する 中小EC事業者が知っておきたいオムニチャネルの始めかた

ASPで足りない部分だけを追加開発する
「MakeShopエンタープライズ」 短期間でオムニチャネル対応を実現

 GMOメイクショップでは、MakeShopの大規模ショップ向けプラン「カスタムMakeShop」および、セミカスタマイズ型の「カスタムMakeShop for クラウド」を統合。2019年1月末より、新たに「MakeShop エンタープライズ」として提供を開始した。幅広いニーズに対応することが可能で、オムニチャネルに取り組む事業者にとっても有用なサービスだという。

MakeShop エンタープライズは、商品点数1万点を超える家電やファッションなどのネットショップや、オムニチャネル化を進める中小規模のネットショップでも導入できるサービスとなっている。
MakeShop エンタープライズは、商品点数1万点を超える家電やファッションなどのネットショップや、
オムニチャネル化を進める中小規模のネットショップでも導入できるサービスとなっている。

 ソリューション営業部部長の笹崎さんは、本サービスについて次のように説明する。

「オムニチャネルに対応したシステムを構築する際、POS連携やアプリ連携などの機能はASPサービスで対応できないケースがほとんどです。そのため、フルスクラッチで開発するか、高額なEC 構築パッケージを使ってカスタマイズすることになり、導入のハードルがかなり上がってしまいます。MakeShop エンタープライズでは、基本機能はASPサービスとして提供しており、必要な機能のみ追加開発すればよいので、開発コストを最小限に抑え、短期間でオムニチャネル対応のシステムを構築していただくことが可能です」

 MakeShop エンタープライズのベースとなっているのは、国内22,000店舗以上に導入されているASPサービスのMakeShopだ。そのため、標準提供されるECの基本機能については、自社でのメンテナンス不要で定期的な機能追加やバージョンアップ、セキュリティアップデートといったASPならではの恩恵を享受することができる。

「EC業界はトレンドの移り変わりが激しく、新しい決済方法なども続々と登場していますが、それらへの対応も含めて、ASPで提供する機能は順次バージョンアップしていきます。開発だけでなく運用の負担も大幅に軽減できるかと思いますので、事業者様は売上に直結する販促などの業務により多くのリソースを割けるというメリットがあります」(笹崎さん)

 こうしたASPの便利さとともに、カスタマイズの柔軟性を備えているのがMakeShop エンタープライズの大きな強みといえるだろう。カスタマイズの要望としては、特にデータ連携の自動化などが多いそうだ。

「販売管理システムと売上データを連携させるために注文データを手作業で加工して流し込んでいたり、基幹システムに登録されている商品マスタをMakeShopにCSVでアップしていたりと、煩雑な運用で苦労されている事業者様はまだまだ多いですね。ショップの規模が大きくなるほど工数が膨らむのと比例して、人的ミスの発生などの情報管理におけるリスクも高まります。このあたりを一気に解決できる自動連携も、カスタマイズで対応可能です」(笹崎さん)

GMOメイクショップ株式会社 ソリューション営業部部長 笹崎淳史さん
GMOメイクショップ株式会社 ソリューション営業部部長 笹崎淳史さん

 今のところMakeShop エンタープライズに対しては、ASPサービスのMakeShopと同様に、アパレル、コスメ、食品関連などの事業者からの引き合いが多いという笹崎さん。それらの業種に共通するのは、やはりオフラインとオンラインの連携といった、オムニチャネルに対するニーズが高いことだという。

次のページ
逸見さんもショップ訪問に同行 「さまざまな要望をぶつけてほしい」

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECで困ったらまずこの1冊!ECzine編集部がおくるEC駆け込み寺~今さら聞けないオムニチャネル~連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

萩原 敬生(ハギワラ タカオ)

ライター。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/6523 2019/06/01 21:46

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング