記事種別

逸見さんとGMOメイクショップが提案する 中小EC事業者が知っておきたいオムニチャネルの始めかた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2019/03/29 12:00

ASPで足りない部分だけを追加開発する
「MakeShopエンタープライズ」 短期間でオムニチャネル対応を実現

 GMOメイクショップでは、MakeShopの大規模ショップ向けプラン「カスタムMakeShop」および、セミカスタマイズ型の「カスタムMakeShop for クラウド」を統合。2019年1月末より、新たに「MakeShop エンタープライズ」として提供を開始した。幅広いニーズに対応することが可能で、オムニチャネルに取り組む事業者にとっても有用なサービスだという。

MakeShop エンタープライズは、商品点数1万点を超える家電やファッションなどのネットショップや、オムニチャネル化を進める中小規模のネットショップでも導入できるサービスとなっている。
MakeShop エンタープライズは、商品点数1万点を超える家電やファッションなどのネットショップや、
オムニチャネル化を進める中小規模のネットショップでも導入できるサービスとなっている。

 ソリューション営業部部長の笹崎さんは、本サービスについて次のように説明する。

「オムニチャネルに対応したシステムを構築する際、POS連携やアプリ連携などの機能はASPサービスで対応できないケースがほとんどです。そのため、フルスクラッチで開発するか、高額なEC 構築パッケージを使ってカスタマイズすることになり、導入のハードルがかなり上がってしまいます。MakeShop エンタープライズでは、基本機能はASPサービスとして提供しており、必要な機能のみ追加開発すればよいので、開発コストを最小限に抑え、短期間でオムニチャネル対応のシステムを構築していただくことが可能です」

 MakeShop エンタープライズのベースとなっているのは、国内22,000店舗以上に導入されているASPサービスのMakeShopだ。そのため、標準提供されるECの基本機能については、自社でのメンテナンス不要で定期的な機能追加やバージョンアップ、セキュリティアップデートといったASPならではの恩恵を享受することができる。

「EC業界はトレンドの移り変わりが激しく、新しい決済方法なども続々と登場していますが、それらへの対応も含めて、ASPで提供する機能は順次バージョンアップしていきます。開発だけでなく運用の負担も大幅に軽減できるかと思いますので、事業者様は売上に直結する販促などの業務により多くのリソースを割けるというメリットがあります」(笹崎さん)

 こうしたASPの便利さとともに、カスタマイズの柔軟性を備えているのがMakeShop エンタープライズの大きな強みといえるだろう。カスタマイズの要望としては、特にデータ連携の自動化などが多いそうだ。

「販売管理システムと売上データを連携させるために注文データを手作業で加工して流し込んでいたり、基幹システムに登録されている商品マスタをMakeShopにCSVでアップしていたりと、煩雑な運用で苦労されている事業者様はまだまだ多いですね。ショップの規模が大きくなるほど工数が膨らむのと比例して、人的ミスの発生などの情報管理におけるリスクも高まります。このあたりを一気に解決できる自動連携も、カスタマイズで対応可能です」(笹崎さん)

GMOメイクショップ株式会社 ソリューション営業部部長 笹崎淳史さん
GMOメイクショップ株式会社 ソリューション営業部部長 笹崎淳史さん

 今のところMakeShop エンタープライズに対しては、ASPサービスのMakeShopと同様に、アパレル、コスメ、食品関連などの事業者からの引き合いが多いという笹崎さん。それらの業種に共通するのは、やはりオフラインとオンラインの連携といった、オムニチャネルに対するニーズが高いことだという。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:ECで困ったらまずこの1冊!ECzine編集部がおくるEC駆け込み寺~今さら聞けないオムニチャネル~

2019年10月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5