SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

在庫にまつわる3大お悩み解消法

売れていれば安心と思っていませんか?在庫が増え続けるふたつの理由

 全6回にわたってお届けした連載「中小ECショップのための粗利からみる売上アップ講座」の著者・フルカイテンの瀬川さんによる新連載がスタートします。今回は在庫にまつわるECのお悩みトップ3にフォーカス。第1回では、在庫が増え続ける理由について解説します。

1年ぶりに連載を持つことにしたワケ

 皆さん、ご無沙汰しております。フルカイテン株式会社の瀬川です。およそ1年ぶりにECzineでまた連載を持つことになりました。(以前の連載はこちら

 この1年で私には大きな変化がありました。

 2018年9月にEC事業を売却したのを機に、社名をハモンズ株式会社からフルカイテン株式会社に変更したのです。

 フルカイテン株式会社では、在庫削減、仕入最適化、売上増加の3つを実現するクラウドサービス「FULL KAITEN」を開発し、大手企業や楽天市場に出店している店舗などに提供しています。

  • 仕入れを増やせば売上は増えるものの、在庫も増えてしまう。
  • 仕入れを減らせば在庫は減るものの、売上も減ってしまう。

 このように売上増加と在庫適正化は両立が非常に難しいのですが、それを両立させることができるのがFULL KAITENです。

 お客様はECと実店舗の両方を持っている方、B向けのサービスを展開している方も、C向けに事業を行っている方もいらっしゃいますので、在庫ビジネス全般を守備範囲としている形です。

 そんな私がおよそ1年ぶりに連載を持つことにした理由。

 それは、FULL KAITENでいろいろな企業の方とお話をさせていただく中で、「在庫は事業を成長させるもっともダイレクトで効果的な切り口なのに、在庫に関する知見を持っている企業はほとんどない」ということに気付いたからです。

 在庫のような複雑な問題を解くためには、問題を正しく捉えなければなりません。東京駅に行きたい人に大阪市の地図を渡しても問題は解決しませんよね。

 そこで今回の連載では以下のような在庫にまつわるECの3大お悩みポイントに焦点を当て、それらの原因を解き明かすことに比重を置くことにしました。

ECの3大お悩みポイント

  1. 在庫が増え続ける理由
  2. 仕入れ数量を間違える理由
  3. 頑張っても売上が増えない理由

 在庫が増え続ける理由は大きくふたつあります。第1回の今回は、そのふたつについて、順を追って説明したいと思います。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
在庫リスクと商品ライフサイクルの関係

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
在庫にまつわる3大お悩み解消法連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

フルカイテン株式会社 代表取締役 瀬川直寛(セガワナオヒロ)

 売上増加と在庫削減の両立を実現するシステム「FULL KAITEN」を開発し、クラウドサービスとして大手小売企業や楽天市場のショップオブザイヤー受賞店舗などに提供。 EC経営者として倒産危機を3度乗り越えた経験を踏まえた理論・考えかたは、多くの企業から高く評価されており、FULL KAITENにも...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/6512 2019/03/22 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング