SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECで困ったらまずこの1冊!ECzine編集部がおくるEC駆け込み寺~今さら聞けないカートの選び方~(PR)

越境ECだけじゃない!? オープンソースのプラットフォーム「Magento」が今改めて注目されるワケ

多言語・多通貨が特徴のMagento を
国内のみでEC を展開する企業が導入する理由

 2008年のリリース当初から今まで、長きにわたってMagentoを表してきたのはやはり、「多言語・多通貨」という言葉であった。「昔ほど優位性があるとは思わないのですが」と西さんが前置きしたうえで挙げたもうひとつの特徴は「マルチサイト」。2008年からすでに 、ひとつのインストールで複数のサイトを運営することが可能であった。さらに先日発表されたメジャーバージョンアップにより、ここに新たな軸が加わることになりそうだ。新しくリリースされたMagento2.3系では、複数の場所で在庫管理を行うことが可能になる。

「これにより、たとえば日本と東南アジア、北米と欧州など、別々の場所の在庫を、別々に管理することが可能になったり、もっとも近いところから在庫を発送するなど、今までより凝った在庫管理を行うことができます。『多言語・多通貨・マルチサイト』に加えて、今後は複数在庫の管理もMagentoの特徴になっていくはずです」

 リリース当初より多言語・多通貨に対応しているからか、「Magento=越境EC」というイメージを持っているEC 事業者も多いだろう。だが、実際に利用しているのは、必ずしも海外展開を行っていたり、それを視野に入れている企業ばかりではないという。

「もちろん越境ECを行っている企業さんもいますが、国内向けにのみ展開しているケースもとても多いです。また旅行代理店のように、国内で事業を行っているけれど、インバウンド向けに英語表記のみでサイトを構成しているという事業者さんもいらっしゃいます。特に、越境ECをやりたい企業さんばかりというわけではないんですよ」

Magentoでは、プロのデザイナーが作成したテンプレートが、無料~1万円の価格でネット販売されている。図の「Luma テーマ」は、誰でも無料で利用することが可能。

Magentoでは、プロのデザイナーが作成したテンプレートが、無料~1万円の価格でネット販売されている。
図の「Luma テーマ」は、誰でも無料で利用することが可能。

 とはいえ、国内向けに展開している会社では、Magentoの魅力のひとつである「多言語・多通貨」があまり利点とならないこともあるだろう。そういった事業者は、Magentoのどんな点にメリットを感じているのだろうか。西さんはそれを以下のように分析している。

「ひとつは、商品点数のキャパシティではないでしょうか。Magentoは、万単位の商品データを扱うときも、特に難しいチューニングなくさばくことが可能です。そのためMagentoを活用しているお客様の中には、商品点数が7万点くらいある釣具屋さんや、月間のトラフィックが130テラにのぼるという方もいらっしゃいます。先日弊社の担当に聞いたところ、そのお客様のサイトでは、瞬間のユニークユーザー数が5,300を超えていたそうです。それくらいのトラフィックをさばけるという点に魅力を感じていただいているケースは多いと思います」

次のページ
有償版「Magento Commerce」とオープンソースの違い  基準となる年商は?

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECで困ったらまずこの1冊!ECzine編集部がおくるEC駆け込み寺~今さら聞けないカートの選び方~連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 中村 直香(ナカムラナオカ)

ECに関する情報を、正確にお届けできればと思います。よろしくお願いいたします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/6207 2019/02/01 09:20

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング