記事種別

CVRに固執しない施策が売上をアップさせる 三陽商会が取り組むレコメンドシナリオとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/07/31 12:00

 三陽商会が展開するブランドを集めた自社ECモール「サンヨー・アイストア」では、「ページビュー(PV)数」を重要なKPIのひとつに設定している。PV数の向上対策のひとつとして導入したのが、シルバーエッグ・テクノロジー社が提供するレコメンドサービス「アイジェント・レコメンダー」だ。CVR の短期的な向上に固執しないレコメンドシナリオを実施した結果、PV数はもちろん、CVRや売上もアップしていると言う。

「サンヨー・アイストア」レコメンド経由の売上が1.3倍に向上

 2018年で創業75年を数える、三陽商会。MACKINTOSH、Paul Stuart、EPOCAなどの人気ブランドを、「サンヨー・アイストア」という自社運営のECモールに集めて展開している。同サイトでは、ユーザーがサイトを閲覧するデバイスがスマートフォン中心になってきていることから、「ページビュー(PV)数」をサイトの重要なKPIのひとつに設定。この数値を追うことで、結果として、コンバージョンレート(CVR)や売上の向上にもつながっていると言う。

 三陽商会の取り組みを支援しているのが、2017 年9月に導入したシルバーエッグ・テクノロジー社のAIレコメンドサービス「アイジェント・レコメンダー」だ。サイト上でのユーザーの行動をリアルタイムに分析し、最適なコンテンツや商品をレコメンドするのが特徴。三陽商会では、アイジェント・レコメンダーの導入により、レコメンド経由の売上が1.3 倍という成果につながった。レコメンドを経由したユーザーと、サイト全体のユーザーを比較すると、1セッションあたりのPV数は2.5倍、CVRは3倍と、レコメンドによってユーザー行動の活性化に貢献できているようだ。

 オムニチャネルに早くから取り組み、その動向がファッション業界外からも注目される三陽商会。スマートフォン、ソーシャルメディアの浸透により、スマホを中心としたコミュニケーション戦略は、現在各社が模索しているところである。CVRに固執しない取り組みで、結果的にCVRを含む重要指標の向上に成功している三陽商会で、ウェブビジネスを統括する安藤裕樹さんと、オムニチャネル推進グループの主任でチーフマーケターの花輪俊夫さんに話を聞いた。

株式会社三陽商会 IT 戦略本部 ウェブビジネス部長 兼 オムニチャネル推進グループ長 安藤裕樹さん(写真左)、同社IT 戦略本部 ウェブビジネス部 オムニチャネル推進グループ主任 花輪俊夫さん(写真右)
株式会社三陽商会 IT 戦略本部 ウェブビジネス部長 兼 オムニチャネル推進グループ長 安藤裕樹さん(写真左)、
同社IT 戦略本部 ウェブビジネス部 オムニチャネル推進グループ主任 花輪俊夫さん(写真右)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:ECで困ったらまずこの1冊!ECzine編集部がおくるEC駆け込み寺~今さら聞けないCVRアップ術~

2015年10月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5