SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

どこまでもロジカルに EC・通販事業の全貌を徹底究明

販促の課題?それとも製品の課題? ECにおける「製品」の重要性とその影響

販促の課題?それとも製品の課題? 

 こうして、顧客に製品訴求と啓発育成を行うことで事業成長を目指していくわけですが、その売れ行きを表現力と製品力の2軸でわけると、以下の4つのパターンに分類できます。下記の図を見ていただくと、右上のロングヒットを目指して事業展開をしていくケースが多いのですが、課題となるのは左上か右下です。(ちなみに左下の場合には、そもそも出直しが必要だと思います)

 右下の場合は「製品の良さを伝えるのが難しい」というケースです。これは販促課題なので、広告表現やCRMフローの改善で対応していくわけであり、コミュニケーションの問題です。

 やっかいなのは左上の「広告の事前期待に製品が応えられていない」ケースです。この場合、広告表現や販促でどうにかするものではありません。これは、製品課題であり、製品企画・開発のフェーズで解決すべきケースです。しかし、それでも広告・販促などのコミュニケーションで何とか対処しようとしている場合もあります。

 たとえばこんなケースがありました。とある大手企業の健康志向の食品だったのですが、ビジネスを始めた当初は調子が良かったものの、その後状況が悪化し、リピートに大きな課題を抱えていました。

 事情をつぶさにヒアリングしてみると、その製品は当初、ECでの直販を利用して購入するのがいちばんリーズナブルでした。しかし、その後取り扱い事業者も増加し、セールの目玉として直販価格を下回って販売するケースなども多発していました。価格条件を含めると、相対的に製品力が落ちており、左上の「製品課題」を抱える状況にシフトしていたのです。(それでも当時の広告系支援パートナー企業は、新たな広告展開やクリエイティブ開発での対処を提案していたようです)

 とはいえ、大手企業の製品開発ともなると、数年単位の時間がかかります。また、直販事業部のための独自製品開発はなかなか優先順位も上がらないので、進行への同意を得ることすらも難しい。これでは、解決策が整う前に事業部の存続が危ぶまれる状況でした。

 そこでこのケースでは、自社だけで何とかしようとせずに、こだわりの他社製品とのセットアップにより自社製品の魅力を補完することで、解決を図りました。製品企画とマーケティングリサーチを代行し、開発仕入れ先をコーディネートしたのです。こうすれば、数か月程度の準備期間で、改善策の実行が可能となります。

 製品課題であるのならば、製品で解決する。もし皆さんがこのケースに類する課題を抱えているのならば、億劫にならず、ぜひとも取り組んでみることをおすすめします。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
どこまでもロジカルに EC・通販事業の全貌を徹底究明連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社プランクトンR 取締役 通販支援事業部長 川部 篤史(カワベ アツシ)

株式会社プランクトンR 取締役 通販支援事業部長 川部 篤史。事業全体を俯瞰しつつ、豊富な知見に裏打ちされた、EC/通販事業での事業構築&製品マーケティング戦略立案・実行を得意とする。AI/オートメーションの活用や、中国越境ECにも明るい。現歴以前は、株式会社JIMOSで通販支援事業部長及びホールセ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/5722 2018/06/05 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング