記事種別

販促の課題?それとも製品の課題? ECにおける「製品」の重要性とその影響

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

製品分野でまずおさえるべきは「企画」

 また製品分野には「企画」と「開発」というまったく違ったふたつの領域があります。製品分野に携わった方にとっては当たり前のことなのですが、支援している方の中には、意外とこれを混同している場合もありました。

 ざっくりといえば、「企画」はまだ表に出ていない、人々にとって価値ある姿を、こうあるべきだと文字や形として提示すること。「開発」はそれを幾多のステークホルダー(顧客・自社・パートナーなど)にとって最適な仕様へと決めていくことです。

 ここでまずおさえておくべきポイントは、「企画」ありきである、ということです。しかしこれを理解せずに、「開発」志向の人員に企画をさせてしまっているケースを見かけることがあります。もちろん、それでうまくいく場合もありますが、たとえば「売り手の独りよがり」「二番煎じ」のような製品が生まれてくるのは、大抵この場合です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:どこまでもロジカルに EC・通販事業の全貌を徹底究明

もっと読む

2018年07月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5