記事種別

[韓国越境EC成功物語]コスパや着心地のよさが20代から人気 年商20億円を目指すアパレル通販「2PER」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/01/22 11:00

 韓国は、全国にわたる高速インターネット網の構築や高いスマホの普及率などで小売産業のEC化が進んでいて、事業者によるEC起業が非常に活発な状況です。最近では、地理的、文化的に近い日本市場に向けて「越境EC」に取り組む事業者が増え、若年層の注目を集めるケースも増えつつあります。本コラムでは、韓国のグローバルECプラットフォーム「cafe24」を通じて開業したユニークな韓国の越境ECショップを紹介したいと思います。

コスパや着心地のよさが20代から人気 年商20億円を目指すアパレル通販「2PER」

 2PERは、20代女性をターゲットに、トップスやワンピースなど手頃な価格でさまざまなオリジナルアイテムを販売しています。 

 2014年、ECサイト専門のレディースアパレル「2PER」を立ち上げたチョ·デホCEOは、韓国国内にとどまらず、越境ECも積極的に展開しています。

 中でも、日本市場への参入を優先的に検討した理由について、チョCEOはこう話しています。 

 「Kポップなどの人気で、日本国内の韓国アパレルへのニーズが増えている点に注目しました。また、日本の若年層が韓国に比べ3〜4倍ほど高い価格で、類似の商品を購入していることもわかったので、価格面でも勝負できると判断しました」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:韓国の越境ECは、なぜ日本の若者に響くのか?魅力を徹底解説

もっと読む

2018年04月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5