記事種別

「買わなくても見ていて楽しい」が原点 ネットショップ大賞・金賞「匠本舗」さんインタビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2014/04/30 08:00

2013年Eストアー「ネットショップ大賞」の金賞を受賞した、かになどを扱う「匠本舗」。受賞コメントは「売るための裏技はなく、よい所は増し、悪いところは改善してきた」という謙虚かつ堅実なものだった。店長・和田陽介さんと、同社代表の和田浩史郎さんにお話をうかがった。

ネットショップ大賞・金賞!「匠本舗」さんに聞く

――金賞を受賞されましたが、成功の秘訣はどこにあるんでしょうか。

 「はじめに就職した会社で、食品の通販については、原料から加工、保管、出荷、お客様の応対、カタログづくりまで経験しましたので、『こういうやり方じゃあかんな』っていう失敗点を避けてきているというのがいちばんの基礎ですかね」

 「かにを中心にやってきましたけれど、もう1本事業の柱を増やそうということで、同じ年末の商材でおせちを始めて、軌道に乗せることができました。すると今年になって、かにの価格がすごく高騰してるんですよ。消費者の方がついて来られないんじゃないかというところまで上がってしまっている。そうなった時に、もう1本の柱であるおせちがあってよかったとありがたみを感じています。

 ただし、これからも会社を大きくしていくためには、もっと柱を増やしていかなければならないと考えています。ほかの海産物や梅干しなどはこれまでもあったんですが、本腰を入れて試していきたいというところですね。

 世の中は常に変動しているので、事業をやっていれば満足するというのはないですよね。今の状態が2年後、5年後続くのか、保証はないでしょう。何がダメになって、何が伸びるのかはわかりませんよね」

――扱う商材の基準はありますか?

匠本舗代表 和田浩史郎さん

 「基本的に通販は、スーパーにないものというのがあくまで前提になりますので、利便性と付加価値ですよね。国内外問わず、こだわりの食材を見つけてきて、普段買えない商品をお客様に代わって我々が調べ、作り上げて、ご家庭に届ける。これをコンセプトにしています。

 『匠本舗』の商品であれば安心して買えると、お客様に思っていただけるショップになるために、どういう商品を作ればいいか、どういう説明をすればいいか、どういうサービスをすればいいかを考えてやっています」

 「お客様のコメントで、『匠本舗の商品だから安心して買った』『今までかにを買ったことはなかったけど、匠本舗だから買った』といった言葉はうれしいですね」

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:列島縦断!店長インタビュー

もっと読む

2017年07月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5