記事種別

目指すは日本企業の中国進出の一般化~バイドゥ、インフィード広告を日本で提供へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/02/08 10:00

リリース初月からマネタイズの手応えあり

 現在、多くの日本企業がインフィード広告に敏感となり、バイドゥに問い合わせが増えていると髙橋氏は語る。今後、バイドゥのインフィード広告への認知が高まるにつれ、その数はさらに伸びてくるはずだ。

インフィード広告掲載イメージ(赤枠内が広告)

 「ローンチ月初の実績も好調で、マネタイズの手応えは中国側でも強く持っています。手机百度(Baidu Mobile)の1日のアクティブユーザーが1.2億人という点も後押しの材料になります。日本のみなさんにも、なじみのあるアドネットワークに近い管理画面で操作できるので、違和感なく活用いただけると思います」(髙橋氏)

 今まで触れてこなかったサービスに対して不安を感じる人は多いはず。しかし、バイドゥの広告管理画面は、日本で提供されている各種広告の管理画面と類似したUIのため、簡単に操作できる。

バイドゥの広告管理画面例

強大な三つのメディアに配信

 そして、バイドゥのインフィード広告は、現段階では主に三つのメディアに対し配信することができる。

・モバイル版のアプリ(手机百度/Baidu Mobile)

・モバイル版のブラウザ(百度浏览器/Baidu Browser)

・モバイル版のファンサイト(百度贴吧/Baidu Fans)

 「中国人の大半はモバイル版のアプリを使って検索します。初めて持った携帯電話がスマートフォンというユーザーが多く、アプリの利用に対する抵抗感が日本よりも低いためです。1日60億PV以上の膨大なインプレッションからアドネットワークとほぼ同じ条件で出稿ができるのも魅力だと思います。

手机百度/Baidu Mobileのトップ画面

 ファンサイトについては、約2,700万のコミュニティが存在し、1日のPVは約35億になります。アプリやブラウザに比べ、旅行や自動車、生活といった多数のテーマ別に広告の出し分けが可能なので、効率よく訴求ができます」(髙橋氏)

 こうした場を活かしてインフィード広告の配信を行うと、中国からの訪日旅行者への効果的な訴求につながる。

 「例えば、日本に来たものの、妻の買い物に付き合わされ飽きてきた夫が、暇つぶしにスマートフォンを触り始め、バイドゥを利用するといったシーンは十分考えられます。その際に、日本の滞在者という制限をつけて、配信をすることでまさにこれから出かけよう、買い物をしようというユーザーにアプローチすることが可能です」(髙橋氏)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク

バックナンバー

連載:ECホットトピックス

もっと読む

2017年10月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5