SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス

フルリモートでEC運営 月数件の受注から2年で売上1億を達成したハートウエルの試行錯誤を振り返る

 メーカーやブランドがEC売上を伸ばそうとする際、人材の採用や育成だけでなく、場合によってはこれまで企業内に存在しない働きかたや制度などの構築も欠かせないものと言える。こうした環境作りを率先して行い、EC事業部立ち上げから2年で売上1億円規模にまで成長させたのが株式会社ハートウエル EC事業部で部長を務める河野友美さんだ。同氏に事業部立ち上げから取り組んできたこと、フルリモート勤務で組織を円滑に回すコツなどについて話を聞いた。

入社直後のコロナ特需 2020年夏から働く拠点を問わず人材採用・組織構築へ

 愛媛県今治市で、今治タオルの製造・販売を行うハートウエル。学生時代より地方創生に興味を持ち、長野県で住み込みのインターンなどの経験も持つ河野さんは、同社入社前より企業のECモール出店・運営やモバイルアプリのSEO責任者としてマーケティング・集客を手掛けてきた。そして、培った経験をより活かす場を求め、2020年1月にハートウエルに入社した。

「集客の方法や効率的なPDCAの回しかたを学んだところで、さらなる力試しをしてみたい。そう考えていたタイミングで、ハートウエルがEC事業の責任者を募集していると知りました。

 当時のハートウエルは自社ECを立ち上げていたものの、卸を担当する事業部が片手間で運営している状況でした。1ヵ月あたりの注文数も数件程度、売上規模が小さいため専属のスタッフもおらず、商品情報やコンテンツの更新もままならぬ状況だったのです。大変そうではありましたが、ここであれば私自身がこれまで培ってきたスキルを活かしながら地方発で良い商品を届けることができるはずだ。そう思い、入社を決めました」

株式会社ハートウエル EC事業部 部長 河野友美さん

 しかし、入社して数ヵ月後には新型コロナウイルス感染症の影響で市場環境が大きく変化した。同社もオリジナル布マスクの生産を行い時代の流れに対応したが、それにより受注件数が月に数千件にまで急増。足りない人手は「営業活動ができないスタッフにCS対応や商品撮影を手伝ってもらうなど、全社一丸で梱包・出荷を協力することで補った」と言う。

「こうして最初の緊急事態宣言を乗り切ることができましたが、他部署のスタッフにずっと手伝ってもらうわけにもいかないため、2020年の夏頃からEC事業部の組織体制構築に着手しました。7月にCS対応を行うスタッフを1名、9月には広告兼運営担当、デザイナー兼運営担当を1名ずつ採用し、現在は4名でEC事業部の仕事を行っています」

 同事業部のスタッフは、現在福岡県に在住する河野さんを筆頭に、東京、関西、四国とさまざまな場所から仕事を行っている。基本的にフルリモートでEC運営を進めているが、ハートウエルにとってこのような働きかたは前例がなく、「コミュニケーションや教育面については、現在進行系でさまざまな試行錯誤を続けている」と語る河野さん。

「たとえEC運営を経験しているスタッフでも、使用していたカートやツール、取り扱う商材が違えば運用ルールも異なるので、1から指導をする必要があります。そのため、入社から3ヵ月ほどはオンライン会議ツールで頻繁に研修を行い、コミュニケーションを取りながら指導した内容をドキュメント化してノウハウを蓄積していく。その繰り返しでした。未経験のスタッフには半年から1年ほどじっくりと時間をかけてEC運営の心得から教え、わからないことを言語化できるように、そして自身で調べて答えにたどり着けるように指導していきました」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
新ツール普及の鍵は、利便性訴求と相手に合わせたアプローチにあり

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 木原 静香(キハラシズカ)

ECに関する情報を、さまざまな切り口からお届けできればと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11808 2022/10/18 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング