SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 June

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

季刊ECzine vol.20定点観測

モール内に公式ショップ開設相次ぐ 多店舗化でネットでもオムニチャネルに

 EC事業者がおさえておきたい13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。いつもの羽田野さんに、モールについて聞きました。※本記事は、2022年3月25日刊行の『季刊ECzine vol.20』に掲載したものです。

10月の緊急事態宣言解除も 年末商戦挟みモール堅調

 小売業の稼ぎどきである年末商戦とも言える2021年冬、Amazon.co.jp、楽天市場、Yahoo!ショッピングの三大モールとも、順調な流通総額だったと羽田野さんは言う。2021年10月に緊急事態宣言が全面解除となったものの、引き続き巣ごもり消費でEC利用が続いた形だ。

「モール主催のセールなどイベントが増える時期。あわせて企画を立てるなど機会を活かすことができた企業様はしっかりと売上を伸ばされた印象です」

 三大モールに共通する傾向として、企業やブランドの公式ショップの開設が相次いでいることがある。

「従来、当社への運営代行のご依頼について、まずは流通総額の大きい楽天市場からというご要望が多かったのですが、最近では多店舗化、さらに三大モール以外のモールにも展開する動きも増えています。韓国コスメをきっかけに注目を浴びるQoo10は、名指しで出店を検討される企業様も増えている注目株です」

 Qoo10は「メガ割」セールが目玉で、通常時の10倍の売上を叩き出すショップもいるほどだと言う。直近のセ ールでは、総合ランキングのトップ10の商品のうち9商品がビューティー・コスメカテゴリと、コスメの強さは折り紙付き。流入を見ると検索連動型広告よりも、アプリのプッシュ通知等でセールや特集を見にくることが多いそうだ。

「2022年度は、複数モールに出店する多店舗化は必須と考えます」

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
機能強化続くAmazon 自動化だけでないリッチさへ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • X
  • Pocket
  • note
季刊ECzine vol.20定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11110 2022/04/26 07:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年6月6日(木)10:00~17:40(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング